2019/03/15発行 ジャピオン1010号掲載記事

共感マーケティング

第219回  「トライ、フィックス、トライ」

明朝の日の出は6時29分。

6時にアラームを設定、二日酔いの頭を抱えて展望露天風呂に向かいます。早起きさんの同好の士は多く、脱衣場前にスリッパがあふれています。

震えながら露天風呂に。目の前は神戸ハーバーランドの港。やがて東側の空がどんどん赤くなっていきます。なかなか顔を出してくれません。

のぼせてしまったので、我慢しきれず浴室に移動しましたが、この体験は清々しく、すてきな一日の始まりを迎えることができました。

なぜ日の出時刻を知ることができたかというと、前夜エレベーター脇にさりげなく置かれていた箱のおかげです。「あしたの 日の出時間 ご案内」、積み木の数字で「0629」とあったのです。

この宿、きっとマーケティング会議で次のような問いを検討したことでしょう。
「この宿の売りって何だろうね」
「展望露天風呂で海から昇る朝日、海に沈む夕日を楽しめることじゃないですか?」
「じゃあ、お客さまにどうやって体験していただこう。押し付けの提案はやりたくないよね」

そこで、みんなの目に付きやすい夕食会場エレベーターボタンの下に置くということになった。

アイデアにあらず
あくまで実行

マーケティングはアイデアではありません。あくまで実行です。マーケティング・プランは次のようなものです。

明日の日の出時刻をお知らせするアナウンス方法を実行する

→宿泊客が専用展望露天風呂から日の出を拝むことができると連想する

→体験してみる

→記憶に強く残る思い出になる

→ファンになってくれる

全て動詞であることに、ご注目ください。「明日の日の出を専用展望露天風呂で楽しみませんか」という提案のチラシや張り紙をしたらどうでしょう?

それももちろん効果があると思います。しかし、人は「自分で決めたい」ものです。また、「明日早起きして日の出見なきゃ」となると義務、仕事になります(笑)。寝坊してしまったら「ダメな自分」になってしまいます。宿泊体験の後味として、いいことはありません。

優れたマーケティングというのは、これほどまでに練り上げられた結果なのです。

成功したら後付け
トライ&フィックス

マーケティングというと、机上のアイデアやプランのことをイメージする人が多いかもしれません。

しかし、全ての成功したマーケティングは後付けです。やってみて、試して、直し、また角度を変えて、やってみる。

トライ、フィックス、トライ。これが成功するマーケティングの王道なのです。

会議室にマーケティングはありません。現場でやってみること。これこそがマーケティングなのです。早速手帳に書いてみましょう。会議室にも貼っておくと良いと思います。「トライ、フィックス、トライ!」

マーケティングは首から上ではなく、実は首から下の営み、体育会系、アスリートの分野です。だから私は体力を付けるため、筋トレやスクワットを習慣にしています(笑)

阪本啓一

今週の教訓
マーケティングは実行

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

本居宣長 上・下巻

「あの人の言語学は言霊(ことだま)学なんですね」(本文から引用)

「古事記」研究の流れで出会いました。私たちが「古事記」を読めるのは、本居宣長(もとおり・のりなが、1730〜1801)注釈書「古事記伝」全44巻のおかげかもしれません。人の思想と実生活にはスキマがあることがあります。いわゆる「言ってることとやってることが違う」。

では、そのスキマを埋めるスキマスイッチはどこにあるのか。真摯(しんし)で謙虚な思想への姿勢と、日常の行動しかないです。本居宣長は思想を生きた人でした。

愚直なまでに師匠の賀茂真淵(かものまぶち)の指導を守り、学問を自分の生活感覚、肌触りから始めます。源氏物語、儒教(論語や大学)研究など、あまりにも巨大な宣長の知の大河を、同じく知の巨人、小林秀雄のガイドで楽しむ超一級読み物。

あわせて読みたい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2019/03/15発行

巻頭特集
ニューヨークでは地ビールブームが続く。今回は、...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します