2019/01/04発行 ジャピオン1000号掲載記事

共感マーケティング

第209回  いい客になる

夕食はなじみのレストランに行こうかと電話したところ、予約で満杯、空いているのはカウンターのみとのこと。若い頃ならともかく、今はキツいので、諦めました。さて、出掛けた用事が思いのほか早く終わった。このまま家に帰るのも何か物足りない。時間を見ると17時半。電話では、ちょうどこの時間の予約を入れようとしたのでした。空いていないのは分かっていましたが、状況は変わるかもしれない。ダメ元で店に行くとなじみのスタッフたちが笑顔で出迎えてくれます。

予約状況を画面でにらめっこしながら、「18時半まででしたらテーブルのお席をご用意できますが、その後、カウンターに移っていただいてもよろしいでしょうか」「いいですよ。ご無理言います」

いい商売人はいい客

最初から決めてました。さっと食べて、飲んで、さっと出ようと。つまり、1時間でたとうと。60分もある。とはいえ、せっかく無理言って席を用意してもらったのですから、ちまちまグラスワインを何度も注文するのは性に合わない。スパークリングワインのボトルを1本入れました。

で、すぐに出てくる料理を何皿か頼み、食べて、飲んで、きっちり18時半に会計を済ませて店を出ました。店のオーナーは、玄関まで見送ってくれながら「お気遣い、ありがとうございます!」と満面の笑みです。私たちが来なければ、17時半から18時半の間、あのテーブルは売り上げを作ってなかったわけで、スキマを埋めて、しかも割に高い客単価を店にもたらしたわけですからいい客、そりゃ笑顔になります。

私が商売人として心掛けているのが、この姿勢です。つまり、「どうすれば店にとっていい客になれるか」。いい商売人は、いい客でもあるのです。

いい客になるティップ

▽さっと来て、さっと帰る
 食べ終わり、新しいドリンクの注文もしないのに、ダラダラといる長っ尻の客は店にとって迷惑です。席を空ければ、次のお客さまを入れられるのに。特に混雑時のランチで言えます。カウンターでスマホ見ながらうどんをちんたら食べてる客がいたら後ろから蹴飛ばしたくなります。
▽支払いはまとめる

グループで来て、会計になった。一人一人レジで自分の飲んだり食べたりしたものを申告しながら1円単位で支払っている人たちがいます。商売人に向いてません。ただでさえ人手不足の飲食業界、1秒でも時間を奪ってはならないのです。テーブルで誰かがまとめて徴収し、まとめて支払う。これが鉄則です。
▽自分だけ特別感を出さない

なじみ客と店の間で「内輪で盛り上がっている」空気は白けます。あるブランド店で気になるシャツを見つけました。横にいたスタッフに商品説明をしてもらおうと顔を向けたら、親しげに他のお客さまと談笑の最中。私の方に一べつをくれるも、すぐに顔をそむけました。私はその店に、二度と行くまい、と決めました。これは親しくなった客の立場になってもやってはいけないことで、店のスタッフは忙しいのだから、独占しないように心掛けましょう。
▽現金で支払う

カード会社の手数料を考えれば、現金客はそれだけで7%前後粗利が高いことになります。いつの時代も、現金はうれしいものです。

阪本啓一

今週の教訓
長っ尻は嫌われます

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

すいません、ほぼ日の経営。

「クリエイティブは、ひとりの人間が本気で『好き』『嫌い』の正体を探っていくところから生まれます。」((本文から引用)

ほぼ日手帳は80万部売れているそうです。糸井さんがインターネットに出る決意を書いた「インターネット的」は2001年でした。私がニューヨークで起業したばかりの頃で、「コピーライターという受注業から、自分で仕事を生み出すことのできるインターネットに脱皮する」姿勢に感銘を受け共感しました。

その後「ほぼ日」はぐんぐん成長し、物販を始めるようになってさらにブレイクしました。流通に強い川島さんが質問し、糸井さんが答える。糸井さんの、クリエイティブに対する姿勢や、人と力を合わせて何かを生み出す楽しさ、難しさについての見方が勉強になります。

コピーライターは1人ですが、会社経営は複数、しかも面倒臭い問題がついて回る。語られる言葉は簡単ですが、思考は深い。

あわせて読みたい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画