2018/11/30発行 ジャピオン995号掲載記事

共感マーケティング

第204回  恩送りの循環

高校1年生の夏。中学3年で同級生のKさんをデートに誘い出すことに成功しました。クラスでも飛び抜けて美人のKさん。高校は別々でしたが、憧れは変わりません。大都会大阪、梅田へ。まずは喫茶店に。Kさん「私、レモンスカッシュ」。

レモンスカッシュだの、なんたらサンデーだの、ちょうちんのって、喫茶店のメニューなんて知りません。私が育った兵庫県尼崎にはそんなシャレたもんない。だからコーヒーとかの無難な線をいけばいいものを、見栄張って、「こんな場所、しょっちゅう来てるぜ感」を出したくて「じゃ、おれも、レモスカ」。Kさんプッと吹き出した。

これでレモンスカッシュの略称を間違えたことに気付きましたが、後の祭りです。もちろん、程なくKさんにはフラれました。以来、レモンスカッシュを飲むたび、思い出す文字通り酸っぱい思い出です。

レモスカネットワーク

鹿児島天文館にある、そらのまち保育園の隣に、そらのまち総菜店があります。「天文館」というのはビジネス街で、お父さんお母さんが、子供たちと会社の近所まで一緒に来て、送り迎えも徒歩でできます。帰宅して、食事の準備が大変なとき、総菜店が隣にあったら助かるんじゃないか。創業者のふるかわりささんが、自分の経験から着想したそうです。その総菜店の売りはレモンスカッシュ。

数日前に来ていた知人のGさんが私たちが訪問すると聞き、それなら、と、2人分のレモンスカッシュ代金を払ってくれてました。これ、面白い。じゃあ、私たちも次に来る人のために代金を払っておこうと、「pay it forward」っていうんですか? 恩送り。一緒にいたりささんが「これ、いいから続けましょう」と。ついては何かネーミングしたい。

そこで私がKさんとの酸っぱい思い出を披露し、それにちなんで「レモスカネットワーク」と。ダサい。ひたすらダサい。レモスカはともかく、今どき「ネットワーク」とは。でも「1周回ってこれがええんや!」と押し切り、決定。皆さんも、もし、そらのまち惣菜店に行ったら、レモスカネットワーク、やってみてください。

新しい購買のカタチ

この、恩送りのシステム、新しい購買のカタチになりそうです。個人と個人がSNSなどでダイレクトにつながり、興味関心を一つにしてできるエコシステム内で、Aさんが、「あ、そろそろ**さんとこのおいしいコーヒー切れそうだから、買わなきゃ」とつぶやき投稿したとします。コメントにBさんが「いいなあ、私のも買っといて」と便乗。Aさん「いいよ」。AさんがBさんの分もちょっと多めに買うことで、Bさんもちょっとした幸せ感が生まれるし、お店の**さんも、当然このやりとりは見ているわけで、ほっこりする。このほっこり感は、儲けではなく何かしらないけど、場の温度が優しく上がるというか。

誰かが新しい店舗を開店した。準備に寝る時間も削って夫婦で頑張る姿をSNSでエコシステムのみんなが見ていた。「裏」グループで打ち合わせし、開店日にみんなでサプライズ訪問、商品を買ってリアルにお祝いする。中の1人が涙ぐみながら、言います。

「以前自分が売上不振だったとき、買い支えてくれたお礼がしたかった」。これも恩送りです。SNS時代、世の中、ますます楽しくなってきてますね。

 

阪本啓一

今週の教訓
これ一回じゃないから

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

「無知」の技法

「『恐れ』から『好奇心』へ『正解』から『可能性』へ『知識』から『学習』へ」(本文から引用)

私たちは「知らないことがある」と、居心地が悪くなります。

緑内障という病気は「進行の速度は読めないが、じわじわと失明していく」。この症状を聞いて、なぜ私たちが嫌な気持ちになるかというと、「速度が読めない」点にあります。1年先とか3年先とか、「先が分かればまだしも」と思ってしまうのは、知らないことの居心地の悪さからきています。

仕事でもそうです。私たちは、なるべく「こうすれば、こうなる」という因果関係をベースに、「論理的」に考えます。しかし、創造的な仕事をしようと思えば、「無知」をむしろ歓迎しなければなりません。今夏、肉フェスに出店し、終了後、手にした感動は、事前のマーケティング戦略からは出てきようのないものでした。因果を超えていたのです。無知を歓迎しましょう。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/11/30発行

巻頭特集
ニューヨークの不動産は住宅としても、投資対象と...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント