2018/06/15発行 ジャピオン971号掲載記事

共感マーケティング

第182回 信用と親しさ

 時代は、スターから、等身大へと動いています。SMAPの解散、アムロちゃんの引退、TOKIO問題、西城秀樹さんの急逝…現象が「スターの時代の終わり」を示唆しているとしか思えません。スターの時代はウソの時代でもありました。昭和の女性アイドル「趣味はケーキを焼くこと。彼氏?欲しいけど、いまはお仕事が優先かな」。大ウソです(笑)。「ゾウが踏んでも大丈夫な筆入れ」。これまた大ウソ。壊れるって。

等身大の時代

 ブランド論でいうと「お客さまが見上げる」ブランド全盛の時代は終わりました。石田ゆり子さんのインスタフォロワー数は155万人。投稿内容はペットの犬と猫との生活シーンを切り取ったものです。かつて大スターの生活は大豪邸プールつき、ホテルのスイートルームみたいなバスルーム、フィットネスもあるよ、というものでした。もちろん石田さんのご自宅にもそういうのがあるのかもしれませんが、仮にあったとしても見せない。あくまで自然な日常を。一見すると、私の知人の生活と変わらない。犬猫の顔の区別なんてつかない、つくのは石田さんと知人の顔の違い(これは大きい)。
 要するに、等身大の時代なんです。マグカップ、カシミヤマフラー、和食器などを売りたいと思うなら、巨額の広告宣伝費を使うより、石田さんがインスタに上げるだけで羽根が生えたように売れます。そういう時代で何が大事か。信用と親しさです。石田ゆり子さんはインスタでこの二つを大事に発信されています。決してウソを見せない。だからフォロワーから信用と親しさをもらっているのです。石田さんがエッセイ「Lily」を出版しベストセラーになりました。これは彼女がこれまでに積み重ねてきた信用と親しさが本を媒介装置として「両替」されたのです。

信用と親しさマップ

 十字になるように直線を引いてください。横軸が親しさ、右へ行くほど多い。縦軸が信用、上へ行くほど厚い。四つの象限ができます。右上から時計回りに一、二、三、四象限と呼びましょう。第一象限は親しさがあって、信用も厚い、理想です。ブランドが目指すべきはここ。皆さん、そこには何が入りますか?私は知人の何人かの名前を入れます。「ブランドだとアップルかなあ。でも最近ちょっと信用が落ちてきているなあ。この前買ったマックブック、どことなく素材が安っぽくてすぐにこすり傷がついてしまうしなあ」といった感じです。
 第二象限に落ちる寸前。第二象限は、親しみはあるけど、信頼できない。すぐに親友Xの調子いい顔が浮かびます。彼とは友達歴が長い。でも信用してない。「宴会? 行くいくいく!」当日来ない。同じように、旅行も、ゲタを履くまで分からない。SNSの時代、信用はお金以上に大事です。

 第三象限は、親しさ・信用ともに低い、とても残念なエリアです。私はここに政府、役所などを入れます。政府の言うことは信用できないし、親しさも感じられません。第四象限は信用あるけど、親しさのない銀行を入れます。

小学の精神を

 古典「小学」は「お金は借りたら返しましょう」「自分がされて嫌なことはやめましょう」「掃除しましょう」というような「当たり前のこと」を実践するよう説きます。この通りやっていたら確実に信用は得られます。

 スマホやSNSという科学技術の恩恵に浴している現代こそ、当たり前のことが大事な時代になってきているのです。くれぐれも、ウソはやめましょう。SNSはガラス張りです。

阪本啓一

今週の教訓
ウソはやめましょう

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

未来の年表

「2020年、女性の過半数が50歳以上となり、出産可能な女性数が大きく減り始める」(本文から引用)

 「少子高齢化社会」といいますが、さて、具体的にその実態は?本書図表は驚くべき急カーブを描いています。2017年は1億2653人いたのが100年後は5060万人、200年後は1380万人、3000年には2000人に!! もはや国家として成立し得ない人数。まさに著者が言うように、「国家が滅びるには、銃弾一発すら不要」です。

 人口減は、じわじわと現象として表れてきます。「大学の定員割れで倒産、母校がなくなる」「ITを担う人材が減っていくため、国力が下がる」「団塊ジュニア世代が50代に突入し、介護離職が増える」…

 いわゆる酒のまずくなる話ばかりですが、私たち商売人は知っておくべき大事な環境変化です。不動産価格も大きく影響を受け、企業の財務戦略が変わらざるを得ないでしょうね。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント