2017/10/06発行 ジャピオン936号掲載記事

共感マーケティング

第148回 手間暇をかけよう

 私は塾生やクライアントへ「物体移動はアマゾンに、簡便さはコンビニに任せましょう」と言っています。解説します。

物体の移動、簡便さ
競っても未来はない
 

 アマゾンはモノの物体移動のみならず、ビデオ、映画などのソフトウェアの移動もおおよそすべてカバーしています。だから家具店は、店頭または倉庫にある家具をお客さまのリビングルームに移動させるだけの商売をやっていたら未来はありません。アパレルも、店頭からお客さまのクローゼットへの移動だけを考えていたら、たちまち経営が傾きます。どちらもアマゾンの得意技だからです。

 家具店であれば、人が家具を買うときというのは、結婚して新居に移るとか、引っ越しで新生活が始まるとか、「気分が盛り上がっている」生活シーンです。その盛り上がった気分の目盛をもっと上げる仕掛けをする。これはアマゾンにはできません。

 トイザらスが経営不振で、連邦破産法第11条を申請した、と報道されました。とても残念です。子供たちとあーでもないこーでもないと言いながら店頭でおもちゃを選ぶ時間は人生の至福の時と言っていい。だからおもちゃ屋さんは、そういう気分を高める演出を考えたいものです。

 ひらかたパーク、通称ひらパーは、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)がある同じ大阪にありながら濃いファンに支えられ、年間120万人前後の入園者を誇っています。園児や小学校低学年が利用できる乗り物が多いのと、絶え間ない企画力で常に話題を提供し続けています。

 あるファンの言葉「設備は古いけど、企画が面白いからしょっちゅう行く」。

 また、コンビニは食料品から文具まで、店によっては薬まで、日用品はすべてそろいます。文字通り、簡便さを追求して、その極限を日々更新しています。なので、簡便さでコンビニと競っても不毛なだけです。

大勢が廃れた後、
揺り戻しが起こる
 

 歴史を学ぶと、ある一定の時期が過ぎると、必ずそれまで大勢だったものが廃れ、揺り戻しが起こっています。戦ばかりだった戦国時代が終わり、その揺り戻しで文化が華開いた安土桃山時代の豊穣さがその好例です。この時期に歌舞伎の元となる阿国歌舞伎、浄瑠璃、茶道、狩野派の絵画…。

 では、ビジネスにおける揺り戻しは何かというと、省力や生産性向上の反対が支持されるようになります。

 知人のエステティシャン瀧川美咲さんはお客さま一人一人にしっかり向き合い、ラインでお客さまが送ってきた食事の写真を見て丁寧にアドバイスします。「まるで彼氏です(笑)」と笑います。幼少期からの体や肌の歴史、現在の生活習慣までも詳しくお聞きし、一人一人に合ったオーダーメードのケアを作っていくのが流儀です。

 「お客さまがエステに求めるものは例えば『痩せたい』という表現になります。しかし、じっくりお話をお伺いしていると子供時代の親との関係などで、自分に自信がないため、自分の人生の道を自分でしっかり歩いている意識が持てない、ということが真の望みだったりするのです」

 そこでじっくり向き合い、食事の内容まで踏み込んでアドバイスします。お客さまは確かに痩せるのですが、痩せる・痩せないを超えて「自分が好きになった」といった報告を受けるようになります。こういうお客さまとの向き合い方は大手のエステチェーンではできません。できないからこそ、スマホを片時も離さず、ラインで丁寧にやりとりするのです。

阪本啓一

今週の教訓
選難に金脈があります

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

Everything You Need to Ace English

“Hi! These are the notes from my English Language Arts class. Oh, who am I? Well, some people said I was the smartest kid in class.”(本文からの引用)

 ホノルルで見つけました。クラスで一番賢い生徒のノートを見せてもらうスタイルで500ページの分厚さ。

 特に面白いのは14章「ObjectiveSummary(客観的にまとめる)」。アメリカ人、日本人関係なく、話が回りくどい人っています。門から玄関まで長く、なかなかたどり着けない(笑)。ビジネスに必要なのも客観的に要約する力。子供の教科書ノートだからこそ、要点を簡潔に学び取ることができるのです。頭から順に読む必要などありません。リビングルームに置いておき、ふとした拍子に適当なページを開いて、そこを読む。そんな楽しみ方がぴったりの、大人の読み方がおすすめです。

 それにしても、本のビジョンが「ギリシャ語語源からフィクションを書けるようになるまで」というのはすごい太鼓判です。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント