2016/10/21発行 ジャピオン887号掲載記事

共感マーケティング

第102回 環世界

 「環世界」というコンセプトを紹介します。ヤーコブ・フォン・ユクスキュル(ドイツの生物学者1864—1944)が提唱しました。

見えるのに見えない

 ひよこを透明なカプセルに入れます。外からひよこの姿は見えますが、ぴよぴよ鳴き声は聞こえません。すると、親のニワトリはひよこの存在に気付きません。カプセルは透明だから見えているはずなのに。次にひよこをカプセルから出し、ついたてで仕切った側に放ちます。姿は見えませんが、ニワトリにはぴよぴよ声が聞こえます。するとひよこを探し始めます。これでニワトリは、視覚ではなく聴覚で世界を認識していることが分かります。  

 ミツバチたちが出掛けている間に、巣箱を2メートル移動させておきます。戻ってきたミツバチたちは移動「前」巣箱のあった場所へ帰ろうとします。巣箱がない空中を5分ほどウロウロしたあと、ようやく2メートル先にある巣箱に気付き、移動します。

 今度はミツバチの触角を全て取り除いてしまいます。同様に、ミツバチたちが出掛けている間に巣箱を2メートル移動させておくと、今度は移動「後」の巣箱にきちんと戻ってきます。これでミツバチは触角の記憶で世界を認識していて、視覚より優先されることが分かります。見えているのに見えないひよこ、2メートル移動させたのに見えていないミツバチ…、それぞれの環世界が私たち人間と違うのです。

他者とのチューニング

 テーマパークに太郎と花子がいるとします。太郎にとっても花子にとっても同じ「環境」です。ところが、太郎はぶっ飛びマシン系アトラクションが大好き、花子は物語系アトラクションが大好き。同じテーマパークに同じ時刻にいながら、太郎と花子各自にとっての環世界は違っています。

 人間にとって環世界は、生まれてからこれまでに形成されたもの。幼い頃は親の影響が最も強く、その後年齢を重ね、歩んだ人生経験の中で環世界は更新されていきます。そう、人間と他の生物との大きな違いは、環世界を更新できるかどうか、なのです。

 唯一例外は、ペットの犬や猫が「しつけ」という人間からの営みによって、環世界を更新します。「トイレはここでしかしちゃだめ」とか「餌はここに行けばもらえる」とか。

 結婚生活とは、違う環世界のチューニングの営みと言っていいですね。「風呂と食事、どっちが先?朝は、ごはん?トースト?室温の適温はセ氏25度?それとも28度?」など。ニューヨークのような多様性社会では何が「多様」かというと、環世界なのです。

他者とのチューニング

 ビジネスに環世界がどう関係するか。それは、「業界あるある」に表れます。「うちの業界は価格だけが切り札でね。油断してるとすぐに安値つっこまれて取られちゃう」といった嘆きを聞くと、コンサルタントとして、「ほんとか?」と疑うことにしています。「みんなそうですよ」とか「それは常識です」とか。これらは全て、水が0度になったら氷になり、100度になったら蒸気になるという物理現象ではありません。つまり絶対なんて、ないのです。単なる環世界の思い込みに過ぎない。だから業界外からの異業種参入が起こります。タクシーは愛想悪くても仕方ない、労働条件悪くても仕方ない…。この環世界がUberの参入を許しました。

 「環世界に過ぎない」からこそ、常に更新し続ける必要があるのです。異業種との交流が更新を促してくれます。交わり続けましょう!

阪本啓一

今週の教訓
交流で更新しつづけましょう!

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

人工知能のための哲学塾

人工知能を作ることは哲学の足場を作ること(本文から引用)

 AI(人工知能)が生活やビジネスに与える影響を研究する中で、本書に出会いました。

 著者はゲームAI開発者。ゲームで活躍するキャラクターに命を吹き込むにあたり、哲学という土台がしっかりしていなければならない、という動機から、デカルト、フッサール、ユクスキュル、デリダ、メルロ=ポンティといった哲学者の思想を深掘りしていきます。

 実は大学時代ここに名前を挙げた哲学者たちを研究しており、読み進めるにつれ、哲学が現代に息づくことに興奮しました。「人が人に向き合う」のが商売の本質であるならば、ここで展開される哲学の土台というのは、人工知能だけではなく、商人にとっても必須の知識だと考えます。特に環世界のコンセプト、とても重要です。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント