2016/06/17発行 ジャピオン869号掲載記事

共感マーケティング

第86回 丁寧に向き合えるサイズ

 登大路ホテル奈良に滞在し、これまでの仕事観が覆されました。会員制で、客室数は12室しかありません。近鉄奈良駅を出て、興福寺に向かう登り坂をほんの少し上がったらすぐにあります。看板もないので、知らなければ通り過ぎてしまいそう。玄関に入ってすぐにフロントとロビーがあるのですが、まるで誰かの別荘におじゃました感じです。

 書斎風のロビーに座り、チェックイン。春日大社さんに行きたいと話すと、地図を広げ、分かりやすく説明してくれます。ランチにおすすめの店も紹介してくれました。何よりスタッフが年配の男性で(後で副総支配人と分かりました)、安定感がハンパないです。近隣を知り尽くした感じ。この感じは、本来ならばホテルやレストランスタッフが持っていていいものなのですが、このところさっぱりお目にかかれなくなってしまいました。


効率化で失うもの

 ラグジュアリーホテルは年々、ビジネスホテル化しています。一人につきハンドタオルとバスタオル各1枚だけ、とか。ルームサービス廃止とか。あっても時間が決められていたり。そもそも海外からのお客さんが時差ボケでおかしな時間におなかがすくのを満たすためのルームサービスなのに。「効率」「生産性」の文字が浮かびます。

 そしてビジネスホテルは無機質な箱化しています。チェックイン、チェックアウトという最も大事なタッチポイントを機械化してしまっているのです。言うまでもなくコスト削減が目的。

 このホテルはオーベルジュ、食事が楽しみです。夕食のメニューは「食前のお楽しみ 鯛のカルパッチョと紅ずわい蟹の葡萄(ぶどう)紋見立 キャビア添え オマール海老のミネストロンスープ〜絹の道〜…」総料理長が毎月テーマを決めて練り上げたメニュー。言葉を引用します。

 「正倉院は、料理人にとっても宝物で、野菜栽培文献以外にも、葡萄紋、宝飾太刀等がございます。今月は、皆様の記憶に残る『香り』をテーマに組み立てました」

 正倉院は、朝食のメニュー解説にも出てきました。「奈良に来たなー」という思いがあふれます。そして、葡萄紋を取り入れた「鯛のカルパッチョ」。それはそれは美しかった。そして、ミネストロンスープに添えてある「絹の道」シルクロードで運ばれたペッパーという仕立てで、軽くこしょうの香りがするのです。そう、テーマが香り。味付けは押し付けることなく、また、変にギラギラ修飾することもなく、直球勝負で、懐かしいおいしさでした。


適正サイズを知る

 コース終盤に、総料理長があいさつに来てくださいました。おいしさにお礼を言うと「まだまだ修行に励みます」との謙虚な言葉。もう、こちらが恥ずかしくなる姿勢でした。ベテランソムリエも気取ることなく、フレンドリーにサービスしてくださいます。

 総支配人とは旧知の間柄なのですが、仕事が本当に楽しそうに見えました。

 スポーツウェアレンタル無料。靴も靴下も、ウェアも新品かと思うほどに美しい。24時間いつでもオーダー可能なルームサービス。キッチンにある軽食や冷蔵庫の中のドリンク全て無料(ワイン、ビール、ソフトドリンクなど)。

 登大路ホテルの滞在で、「事業の適正なサイズ」というものをしっかり思い知らされました。「大きければいい」は長くビジネスの基本文法でしたが、どうも違うようです。

 わたしの仕事観を覆されました。お客さんに丁寧に向き合えるサイズ。この見極めこそが、重要なのです。

阪本啓一

今週の教訓
大でも小でもなく、適正

阪本啓一
■ブランディング・コンサルタント。大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。2000年に独立し渡米、ニューヨークでコンサルティング会社を設立。06年、株式会社JOYWOW創業、現在取締役会長。地球と人をリスペクトする、サステナビリティ経営の実現に取り組む。『共感企業 ビジネス2.0ビジョン』『ゆるみ力』などの著書・訳書、講演活動も多数。
www.kei-sakamoto.jp
電子メディア開店! www.orange-media.jp

阪本が選ぶ 読めば分かるこの一冊

小さな会社のための世界一わかりやすい会計の本

資金繰りっていうのは、お金が足りなくなる時期がわかるかどうかが最大のポイントなんです。 (本文より引用)

 「日本で唯一のカウボーイ税理士ウエスタン安藤」をうたい文句にしているとのことで、イロモノかと思いきや、「中小企業が使える会計実学」をモットーに分かりやすく解説してくれます

 実務に必要ないものは徹底して捨て去り、最低限必要な知識だけを伝授しています。だから意味のない比較「同業他社との比較」はやめて「自社の過去五年比較」をしよう、など、非常に役に立つアドバイスが満載です。

 貸借対照表、損益計算書それぞれを大きく捉える方法など、中小企業の会社会社経営者だけではなく、商売人としてはぜひとも押さえておきたいところも解説しています。

 「流れないお金は腐っていく」といった、風水を使った財務分析も本書のユニークな魅力です。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画