2019/04/19発行 ジャピオン1015号掲載記事

ハートに刺さるニュース解説

第98回 選挙と性的マイノリティー

LGBTを超えて
決め手は能力、決断力

「私は、大胆であること(オーダシティ)というのを尊敬しています」

と、中西部インディアナ州サウスベンド市長のピート・ブティジェーグ氏(37)。すると、「おっ」という感じで拍手が沸き起こった。バラク・オバマ前大統領が書いたベストセラー「オーダシティ・オブ・ホープ(邦題/合衆国再生 大いなる希望を抱いて)」を想起させたからだ。

4月14日、同市長が2020年大統領選挙への出馬表明を正式に行った選挙集会。黒人初の大統領になったオバマ氏に続いて「大胆さ」という言葉を使ったブティジェーグ氏は、当選すれば、大統領として最年少で初の同性愛者、そして市長からいきなりホワイトハウス入りするのも初となる。

頭角現す期待の新人

20年選挙は、民主党にとって「打倒トランプ大統領」の正念場。このため年末年始にかけて、「我こそは」と十数人が立候補を表明し、先行きに不透明さを増しているが、ブティジェーグ氏は早くも頭角を現す。

彼の選挙資金の集金高は、バーニー・サンダース・バーモント州上院議員をトップに、新人ながら16人中4位につけている(ニューヨーク・タイムズによる)。サンダース議員は、16年選挙でも注目候補だった。

また、影響力がある予備選挙を20年初頭に開く、アイオワ州とニューハンプシャー州の世論調査で、ジョー・バイデン前副大統領、サンダース氏に続いて3位につけた。さらに4月14日の集会には、市民が6000人以上集まり、動員数でも他候補に差をつけている。

「私たちは、ゲイに対してついに寛容になってきたのかもしれない」

NBCニュースに出たコメンテーターは言った。確かにそうかもしれない。

LGBTだからではなく

 18年中間選挙では、過去最多のLGBT候補が出現した。このコラムで当時紹介したクリスティン・ハルクィストさんは、男性から女性となったトランスジェンダーである。当選はならなかったが、北東部バージニア州知事選の民主党候補だった。中間選挙では、過去最多の153人のLGBTが当選した(ニューヨーク・タイムズによる)。全員が民主党からの選出で、「レインボー・ウェーブ」と呼ばれた。

また今年2月には、全米3位の大都市イリノイ州シカゴで、元連邦検事のロリ・ライトフットさんが、初のレズビアン市長として誕生している。黒人女性としても同市では初だ。

ただ、彼らが当選したのは、LGBTの権利拡大を声高に主張したからではない。バージニア州のハルクィストさんは、州内に行き渡っていないブロードバンドの普及を訴え、共和党候補に肉迫した。シカゴ市長に5月に就任するライトフットさんも、シカゴ警察委員会のトップだった経験から、警察の改革を訴え、それが有権者に響いた。

LGBTだから何かが違うというのではなく、最終的には得票率でトップにならなくてはならず、人間としての能力や決断力が、投票の決め手となる。

20年大統領選候補となるブティジェーグ氏が評判となったのは、テレビ討論会だ。そこで、シャープさが際立った。

「私たちミレニアル世代は、米国の歴史で初めて、両親よりも経済的に暮らしが困窮する世代になる危機に直面している。私たちの世代こそが、他の世代と協力して、確実に将来をより良いものにする世代とならなければならない」(CNN討論会より)

ハーバード大卒、29歳で市長になり、廃れていたサウスベンド市を再生させた。7カ国語を話し、コンサート・ピアニストでもある。辛口のコメディアン、トレボア・ノアでさえ「非の打ち所がない。クリーンだ」とたたえる。

ブティジェーグ氏は、人口10万人の市長から、初の同性愛者候補、初のミレニアル候補として、わずか数週間で、全米ブランドになった。米国ならではの話だ。

2020年米大統領選の民主党候補者選びで、正式に出馬を表明したブティジェーグ氏

津山恵子

津山恵子
■ジャーナリスト。「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。近著に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

今週の用語解説

大統領選民主党候補

2020年大統領選挙に向け、民主党の候補者は20人以上に上るとも言われ、サンダース氏やブティジェーグ氏のほか、多くの連邦議会議員が名乗りを上げている。地球温暖化対策を喫緊の課題として訴えるワシントン州のジェイ・インズリー知事、エイズに関する支援活動にも積極的な作家のマリアン・ウィリアム氏、全米国人への毎月1000万ドル給付やテクノロジー省創設を掲げる実業家アンドリュー・ヤン氏なども立候補を表明している。

 

あわせて読みたい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

特集
夏だけ入島できる特別なリゾートとして、ニューヨ...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します