2018/05/04発行 ジャピオン965号掲載記事

ハートに刺さるニュース解説

第74回 南北首脳会談

北朝鮮の非核化宣言
目標ではなく実現を

 北朝鮮と韓国の首脳が4月27日、歴史的な会談を板門店で遂げ、朝鮮半島についに「平和」が訪れると、高揚感を呼んだ。

歴史的な共同宣言
具体的な方法は?

 「8月15日に離散家族が再会する」「非武装地帯は、平和地帯に」「自主統一の未来を」「一切の敵対行為を中止」「核のない韓半島を目標」―と、目を疑う文言が、文在寅・韓国大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長の共同宣言に盛り込まれた。
 「両首脳は、韓半島にこれ以上戦争はなく、新たな平和の時代が開かれたことを8000万の我が同胞と全世界に厳粛に宣言した」(ハフポストの全訳より)。
 このような歴史的に重い言葉は、近年聞いたことがない。まるで、映画のハッピーエンディングでも見ているかのようだ。
 しかし、この高揚感に惑わされてはならない。
 全世界にとって、最も大切な目標は、朝鮮半島の平和と共に、北朝鮮を非可逆的に、つまり、「二度と核武装化させない」ことだ。ところが、非核化についての宣言は、以下にとどまっている。
 「南と北は、完全な非核化を通じて核のない韓半島を実現するという共同の目標を確認した。南と北は、北朝鮮側が取っている主導的な措置が韓半島の非核化に向けて非常に有意義で重大な措置だという認識を共にして、これからそれぞれ自身の責任と役割を果たすことにした。南と北は、韓半島の非核化に向けた国際社会の支持と協力のために積極的に努力することにした」
 つまり、単なる「目標」ということで、具体的にどう非核化を進めるのかは、一切触れていない。
 共同宣言に先立ち、北朝鮮は4月21日から、核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を中止し、北部の核実験場を廃棄すると発表した。だが、これでさえ、具体的にいつまで続く「中止」なのか、全く不透明だ。

過去の事実考え
懐疑的な意見も

 米メディアによると、ジョージ・W・ブッシュ政権の米国家安全保障会議(NSC)元メンバーは、懐疑的だ。
 「(南北・米朝)首脳会談が近付く中、核・ミサイル実験を中断することぐらい、何でもない。(会談が終わったら)元に戻すことはできる。(一時しのぎの)目薬みたいなものだ」
 実は、北朝鮮は過去も平和宣言を反故にし、死亡者さえ出ている。2000年と07年に行われた南北首脳会談の後、北朝鮮は核開発プログラムと軍事的挑発行為を再開した。02年には北朝鮮軍が韓国の哨戒艇を砲撃、6人の兵士が死亡した。10年の北朝鮮による砲撃事件では、韓国側に50人もの犠牲者が出た。
 核兵器は、北朝鮮にとって、国際社会で政治的、経済的に生き残っていくための戦略兵器だ。核兵器で脅しをかけていなければ、米中日など大国に食い物にされ、国の存在自体が怪しくなる。首脳会談や実験措置の中止で綱渡りし、国民が貧困にあえいでいても巨額の軍事費を投じて、核武装化を手放せない理由だ。
 今回の南北首脳共同宣言が、具体的に完全な「非核化」への道を示さず、過去2回の宣言と同じ不安定さを残したまま、今度は6月に、トランプ米大統領と金正恩委員長が会談する。両首脳ともに、心の底に大きな「野望」を抱いている。

戻らせないプロセス
勝ち取るのが役割

 金正恩は、祖父、父が成し遂げられなかった世界の超大国米国の大統領との会談だ。これだけで、彼の名は、北朝鮮の歴史に残り、崇められる。
 一方、トランプも、北朝鮮首脳と会談する初の米大統領となる。トランプとあまり仲が良くないグレアム上院議員(共和党)は、ニュース番組に出演し、こう言った。
 「トランプ大統領は、彼が変化をもたらすことを真剣に考えていると言って、中国と北朝鮮を説得した。(変化が)実現すればノーベル平和賞に値する」
 しかし、トランプは、ノーベル賞などに目を奪われず、北朝鮮を非可逆的な非核化に向かわせるプロセスを、会談で勝ち取らなければならない。それがなければ、米朝会談は、失敗と言っていい。

南北会談が行われた板門店(写真は韓国側の施設)。今回の会談では北朝鮮首脳が初めて韓国領土に足を踏み入れた。右奥に見えるのが会場の平和の家

津山恵子

津山恵子
■ジャーナリスト。「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。近著に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

今週の用語解説

第3回南北首脳会談

韓国(大韓民国)と北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の首脳による会談で、4月27日に板門店で開催された。2000年6月、2007年10月の会談は北朝鮮の首都、平壌で開催されている。金正恩・朝鮮労働党委員長委員長、文在寅・韓国大統領が会談し共同宣言を発表した。朝鮮半島の平和と繁栄、統一のためとする共同宣言で、両首脳は「完全な非核化をめざし、核のない韓半島を実現する共同の目標を確認した」とする宣言に署名した。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
彫って、食べて、眺めて楽しいハロウィーンの代名...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント