2017/08/18発行 ジャピオン929号掲載記事

ハートに刺さるニュース解説

第57回 シャーロッツビルの事件

深まる憎悪と分断
悪を名指しせぬ大統領

 米南部バージニア州シャーロッツビルで8月12日、白人至上主義・極右集会に抗議する人々のデモに乗用車が突入、人種差別に反対する白人女性1人が死亡、19人が負傷する事件が起きた。

 同市は、人口5万人の平和でリベラルな地方都市なだけに、衝撃を受けた。

差別反対派が被害に

 これに先立ち市内では、「Unite the Right(ユナイト・ザ・ライト)」という集会が計画されていた。白人至上主義者でトランプ支持者のジェイソン・ケスラーという人物が計画し、全米からピックアップトラックに乗った賛同者がシャーロッツビルに集合した。

 集会の目的は、南北戦争時の南部連合を率いた、つまり、黒人奴隷解放を拒んだリー将軍の像を撤去するという市議会の決定に抗議するためだ。南部連合の旗などを掲げた白人参加者は、「お前たちに追い出されはしない」、「ユダヤ人に追い出されはしない」などと唱え、市内を練り歩いた。米メディアによると、前日からペットボトルや尿を入れた風船を投げ、ダウンタウンは戦場のようだった。催涙ガスを使う参加者もおり、これに対し、住民の人種差別反対派が対立し、15人が負傷した。

 自動車衝突事件を起こしたのは、ネオナチ信奉者とされるオハイオ州在住のジェイムズ・フィールズ容疑者(20)。目撃者やビデオによると、人だかりに突っ込み、参加者が文字通り宙に舞う中、急速にバックし、さらにけが人を出した。

 集会が開かれることを知った警察当局は、予定されていた公園を封鎖し、集会参加者を取り囲んでいた。しかし、不意をついて、乗用車が反対派グループに突っ込んだ。

名指しない批判が問題

 このニュースは、衝撃だった。私は、オバマ前大統領の選挙集会で、シャーロッツビルに行ったことがある。バージニア大学の緑のキャンパスが広がる大学町で、おしゃれなカフェやブティックもあり、平和そのものといった感じだった。昨年の大統領選挙では、有権者の86%がヒラリー・クリントン民主党候補に投票しているリベラルな町だ。

 さらにショックだったのは、トランプ大統領が、白人至上主義者やネオナチを名指しして批判せず、「いろんな側(manysides)」の「暴力と憎悪、偏見」を非難するにとどまったことだ。

 ホワイトハウスは翌13日になって「大統領は白人至上主義者も含めて批判した」と弁解、大統領は14日になってやっと白人至上主義者らを名指しする会見を行った。

 バージニア州のテリー・マコーリフ知事(民主党)は即時に記者会見で、大統領の代わりにこう糾弾した。

 「今日、シャーロッツビルに入ってきた白人至上主義者やナチスに言いたい。私たちのメッセージは単純で簡単だ。『帰れ』。この偉大な州はお前たちを歓迎しない。恥を知れ。お前たちは愛国者だというふりをするが、お前たちは愛国者とはほど遠い」

 トランプ米大統領が当初、 白人至上主義者による暴力と特定しなかったことは、メディアや内輪の共和党議員から問題視する声が次々に上がった。

 コーリー・ガードナー上院議員(コロラド州選出)は、

 「大統領、悪は名指ししなくてはなりません。連中は白人至上主義者で、これは国内テロリズムだ」

とツイートした。

 オリン・ハッチ上院議員(ユタ州)も、

 「悪は名指しで呼ぶべきだ。私の兄がヒトラーとの戦いに命を捧げたのは、ナチスの思想が国内でおとがめなしにまかり通るような状況のためではない」

とツイートした。

 人種差別のルーツは深く、ニューヨークに住んでいても、それを感じることはある。しかし、おおっぴらに他の人種や宗教を見下したり、集会を開くということは、過去はなかった。

 理由は単純で、正しくないことだからだ。しかし、今は、「表現の自由」を理由に、ヘイトスピーチが急増している。白人による人種差別を理由にした国内テロは、米国がますます、危険な方向に向かっていることを示した。

シャーロッツビルの事件に抗議するニューヨーカー

津山恵子

津山恵子
■ジャーナリスト。「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。近著に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

今週の用語解説

シャーロッツビルでの事件

バージニア州シャーロッツビル市内の公園のリー将軍像撤去に抗議するため、11日深夜から白人至上主義、極右、ネオナチ支持者らが同地に集結。これに反対する市民グループと12日未明から対立した。  対立は暴動に発展し、昼までに15人が負傷。さらに午後1時30分ごろ、ネオナチ信奉者とされる男が自動車で反対派の集団に突っ込み、一人を死亡させる事件が起きた。バーニジア州のマコーリフ知事は非常事態を宣言し、白人至上主義者らを激しく非難した。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント