2017/01/01発行 ジャピオン897号掲載記事

ハートに刺さるニュース解説

第42回 安倍首相の真珠湾訪問

オバマのトランプ包囲網
レガシー守るのは市民

 これを書いている12月26日、ハワイの真珠湾を訪れている。安倍晋三首相とオバマ大統領が翌27日、日本軍による真珠湾攻撃の地で、慰霊の合同訪問をするのを取材するためだ。

 「オバマは雨男」

と、ハワイアンは笑って言う。ハワイ出身の彼が休暇でオアフ島に滞在中は、雨ばかりだそうだ。ニューヨークに彼が来ると「渋滞」を意味するが、ハワイでは「雨」だ。

日米関係の邂逅
米市民は好意的

 両首脳が訪問し、日本首相の慰霊訪問としては初となるアリゾナ記念館は、真珠湾に浮かぶ白い架け橋のような慰霊施設だ。水面下には、いまだに真珠湾攻撃の最大のターゲットだった戦艦アリゾナが沈み、海水でさびた船体の中に、死者が眠る「墓場」だ。

「真珠湾訪問を、二度と戦争の惨禍を繰り返してはならないとの決意を、未来に向けて示すとともに、日米の和解の価値を発信する歴史的に意義ある機会とすることに、思いを共有したいと考えている」

 これが、安倍首相の思いと、日本政府幹部は26日に解説した。

 真珠湾を訪れていた米国人観光客に安倍首相の訪問について聞いてみる。

 「素晴らしい。機が熟したのだ」

 「オバマが広島に行ったのだから、安倍がここに来て、日米関係がさらに強化された」

 「ここに来る決断をした安倍を評価したい」

 など、ポジティブな反応が多い。

 オバマ氏の広島訪問時もそうだったが、「謝罪」があるかどうかということを騒いでいるメディアとは一線を画して、米市民は、日米関係の将来を見ていることに感心した。

 一方で、オバマ大統領としては、核兵器廃絶を訴えた「プラハ演説」、そして「被爆地広島訪問」を成し遂げ、 真珠湾の日米首脳訪問は、世界平和を訴える米国首脳として、任期を終える前の仕上げのイベントだ。核兵器削減の政策について、特に強力な主導権を発しなかったという批判はある。しかし、平和のメッセージとしては、世界中に広がり、広島訪問は、「多くの日本人を感動させた」(日本政府幹部)のは事実だ。

 安倍首相の訪問に、批判がないわけではない。

 訪問に先立ち、日米の歴史学者ら約50人が25日、首相の歴史に関する認識を問う公開質問状を発表した。

 質問状をまとめたのは、映画監督オリバー・ストーン氏や、米プリンストン大学のリチャード・フォーク名誉教授(国際法)、アメリカン大学教授で核問題研究所長のピーター・カズニック氏ら。書簡は、日本が攻撃したのは真珠湾だけではないとし、「中国や朝鮮半島に慰霊に行く予定はあるか」と問うている。

核強化を宣言する
好戦的なトランプ

 一方、2017年1月20日に大統領に就任するドナルド・トランプ氏は、奇しくも12月22日、こうツイートした。

 「世界が核に関して良識を取り戻すまで、米国は核戦力を大幅に強化、拡大する必要がある」

 何を根拠にして、「世界が良識を取り戻す」べきと判断し、「大幅に強化」というのは、実際に何を意味するのかが、極めて不透明だ。が、このツイートで、トランプ氏が核武装強化の方向に傾いていることは、世界が学んだ。

 トランプ氏が、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)離脱を表明するなど、米国人の雇用や利益を守るために、保護貿易主義を訴えた選挙戦からみると、簡単に戦争を宣言するということはなさそうだ。しかし、このツイートからは、好戦的な姿勢が読み取れ、各国は、緊張感を高めている。

 こうした状況を考えると、オバマ大統領と安倍首相の真珠湾合同訪問は、トランプ新政権に対する強力なアンチテーゼといえる。オバマ大統領が築いた精神的な「平和」への世界と、それに同調してきた日本の同盟関係の強固さを訴えた真珠湾訪問は、日米関係の歴史的な道標になるだろう。

 それを、トランプ新政権がどう取り組んでいくのか、変えていくのか、市民が監視していかなくてはならない。

オバマ大統領と安倍首相が訪れるアリゾナ記念館。真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの上に施設がある

津山恵子

津山恵子
■ジャーナリスト。「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。近著に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

今週の用語解説

アリゾナ記念館

ハワイ時間で1941年12月7日に起こった、旧日本軍による真珠湾攻撃で沈没した戦艦アリゾナの上に作られた施設。1962年に建設された。死亡したアリゾナの乗組員1102人を追悼するものだが、真珠湾攻撃全体の犠牲者を追悼する施設ともなっている。日本の現職の首相としては過去に3人真珠湾を訪問しているが、同施設を訪問するのは安倍首相が初めて。同施設は沈没したアリゾナをまたぐように架けられた橋状の建物で、犠牲者の名前が刻まれた石碑がある。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント