2016/08/05発行 ジャピオン876号掲載記事

ハートに刺さるニュース解説

第33回 両党大会が開催

異例続きの両党大会
二つの「敗北」明らか

 米大統領選挙は 7月下旬、両党の正副大統領候補を選ぶ「政治のお祭り」、共和党大会と民主党大会が終わり、本選挙のシーズンに入った。両大会は、異例づくしだったが、二つの「敗北」を物語った。両党の支配層(エスタブリッシュメント)と、市民運動の敗北だ。

 特に、共和党大会は、「反トランプ派と支持派のデモが衝突して戦争状態になる」といわれていた。テクノロジー専門の雑誌「ワイヤード」のフォトグラファーは、オハイオ州クリーブランドで開かれた共和党大会に先立って、防弾チョッキやガスマスクの写真をソーシャルメディアでシェアした。「こういうものは、戦争の取材にしか持っていかないけど」とコメント。

デモは小規模
主張は混沌

 しかし、大会会場外のデモは、数千人という予想に反して、数百人で終わった。2004年、ブッシュ前大統領の2選を決めたニューヨークの共和党大会では、反イラク戦争などを訴える市民15万人が、会場となったマディソン・スクエア・ガーデン前をデモした。それを取材した私としては、数千人でも少ない。

 しかも、反戦、反差別などを訴える反トランプ派よりも、オープンキャリー(銃の携帯)支持派や白人至上主義者、キリスト教の宗教至上主義者など、極端な共和党支持者のデモが目立った。大統領候補となったトランプ氏が、何を批判されても臆することがないというスタイルが、まるで市民レベルまで広がっているかのようだ。クリーブランドの小さな公園には、さらに、無政府主義者までが現れ、星条旗を焼くなど混沌としていたが、大きなデモをまとめる団体はなかった。

両候補の指名
発表まで綱渡り

 「戦争状態」になると予想されていただけに、警察の準備と作戦は今まで見たことがないほど、見事だった。デモが開かれた公園には常に数百人の警官が常駐。クリーブランド警察、オハイオ州警察のほか、ジョージア州、ネバダ州からも配置されていた。しかも、一人として背が低かったり、太っていたりする警官がおらず、男女ともに、兵士のように筋肉で引き締まり、美男美女で、まるで警察官のイケメンコンテストのようだった。デモが熱気を帯びると、数十人の自転車警官がきて、自転車を人々の前に進めて、グループを分断するという天才的な作戦も初めて見た。

 民主党大会が開かれたペンシルベニア州フィラデルフィアは、「オキュパイDNC(民主党大会)」という団体が、許可を警察から取り、大会会場の外や市役所前でデモを繰り返した。オキュパイDNCは、予備選挙でヒラリー・クリントン前国務長官のライバルだったバーニー・サンダース上院議員に大会での代議員の票を集めようという運動で、一時は数千人が集まった。しかし、これも小さなグループや個人の集まりで、まとまりはなく、逮捕者も数十人だった。

 会場内も、両大会ともに、混乱していた。共和党大会には、ブッシュ親子元大統領など重鎮が出席しなかった。そして、「アウトサイダー」のトランプ氏が大統領候補の指名を受け、共和党支配層がトランプおろしに失敗し、敗北したことを感じさせた。

 一方、民主党大会でも、バーモント州選出のサンダース氏を支持する同州代議員が、投票表明をいったん拒否し、大きな「バーニー」コールが起きた。大会は日々、綱渡りのうちに、やっとクリントン氏を大統領候補に指名した。

 本選挙の見通しは、ニューヨーク・タイムズによると、クリントン氏が勝つ確率が69%、トランプ氏が31%。データジャーナリズムで定評があるサイト「538(ファイブサーティエイト)」は、クリントン氏52・6%、トランプ氏47・3%。クリントン氏の優勢ながら、予断は許されない。

 両党内がまとまる見通しが立たないまま大会が終わった。市民も十分な「声」を上げずに終わった。本選挙も混沌と分裂が続きそうだ。

クリーブランドで行われた共和党大会の外で、さまざまな主張をする人々

津山恵子

津山恵子
■ジャーナリスト。「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。近著に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

今週の用語解説

党大会

共和党大会は7月18日から21日までオハイオ州クリーブランドで、民主党大会は25日から28日までペンシルベニア州フィラデルフィアで行われた。党大会は、招集された議員らが各党の政策要綱を決め、正副大統領の指名候補を選出する目的で開かれる。指名された候補が指名受託演説を行うほか、党幹部や指名争いで敗れた候補者らが本選に向けての団結を説く。この後は11月8日(火)に一般有権者の投票があり、実質的に次期大統領が決定する。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント