2016/07/15発行 ジャピオン873号掲載記事

ハートに刺さるニュース解説

第31回 ダラス警官銃撃事件

映像証拠が犯行煽る?
抗議デモの末に銃撃戦

 「何かが、この国で解き放たれてしまった。人々が、お互いに憎しみ、インターネットでは、匿名で攻撃し合っている。何かが、この国を分断の方向に向かわせてしまっている」

 米大統領選挙の民主党候補、ヒラリー・クリントン前国務長官が7月8日夕、MSNBCのインタビューに答えて、重大な懸念を示した。

 ルイジアナ州とミネソタ州で起きた白人警官による、無実のマイノリティーの殺人事件をきっかけに、7日、テキサス州ダラスで開かれていたデモを誘導していた警官5人が待ち伏せ狙撃された。狙撃犯で、警察のロボット爆弾で殺害された元陸軍軍人、マイカ・ザビエー・ジョンソン(25)は、交渉に当たった警察官に対し、こう言った。

「白人警官による銃殺事件で、頭にきた。白人警官を殺したかった。終わりが近づいている」

スマホで撮影
拡散される視聴

 マイノリティーの殺害事件が起きたところとはまったく別の場所で、何の罪もない警官を狙い撃ちにするという、意味のない報復が起きていいのだろうか。社会秩序がこんなにも簡単に崩壊していいのだろうか。多くの人が、もしかしたら、何かが壊れ始めている、と思っている中、クリントン氏のような要人が、それを追認したというのは、ショッキングなことだ。

 ハフィントンポストとワシントンポストによると、2015年に警官に殺されたアフリカ系アメリカ人は、258人。今年は現時点で136人と、減少の兆しはなく、このままのペースでいけば、15年を上回りそうだ。これも、懸念すべき傾向だ。

 この数年は、スマートフォンの普及で、白人警官が丸腰のマイノリティー市民を銃撃する映像が、多く撮影され、ソーシャルメディアで見られている。

 ミネソタ州の今回の事件は、フィランド・キャスティルさん(32)が、テールライトが壊れているとして、運転していた車を警官に止められ、少なくとも銃弾4発を撃ち込まれ、絶命した。助手席にいたガールフレンドのダイヤモンド・レイノルズさんが、白いTシャツが血まみれになったキャスティルさんのビデオをフェイスブックにアップし、1日で170万回再生された。

 市民が撮影した現場の映像は、これまで証拠がないとして、犠牲者が丸腰であっても、白人警官に有利な訴追が行われていた状況を改善するきっかけになった。映像により、マイノリティー差別が、捜査当局者に根強いことをより多くの人が知り、疑問視する材料になったのは間違いない。「ブラック・ライブス・マター(黒人の命は大切だ)」という運動も全米に広がった。

減らない殺害
鳴り止まない銃声

 しかし、前出のデータを見ると、殺害件数は減る見込みがない。そればかりか、今回のキャスティルさんの生々しい映像などが、ダラスで警官を狙撃した犯人らを刺激した可能性さえある。

 ダラス警官の狙撃があった通りは、J・F・ケネディ元大統領が狙撃され暗殺された現場からわずか数ブロックしか離れていない。ここでも、多くの市民がビデオを撮っていた。当局は、2011年の同時多発テロ以来最悪の警察官が犠牲になる事件としている。

 ビデオを見ると、過去に見たこともない規模の撃ち合いで、銃弾の音が通りに連続して鳴り響き、警官がパトカーの間のわずかな隙間に折り重なって、身を守り合い、わずかに前進した警官が次の瞬間には地面に横たわっている様子が映されている。まるで、映画のような光景だ。しかし、緊迫した状況と悲惨さを感じ取る以外に、銃規制が進まない中、この光景を楽しんで見ている人間がいるに違いないということも忘れてはならない。

 ミネソタ州で、ボーイフレンドの悲惨な死に様を目の当たりにしたレイノルズさんは8日、テレビに出演し、こう語った。

「誰かを傷つけることは、痛みが伴う。決してあってはならない」

クイーンズのカフェの看板にも「#BLACKLIVESMATTER」の文字が書かれていた

津山恵子

津山恵子
■ジャーナリスト。「アエラ」などに、ニューヨーク発で、米社会、経済について執筆。フェイスブックCEO、マーク・ザッカーバーグ氏などに単独インタビュー。近著に「教育超格差大国アメリカ」(扶桑社)。2014年より長崎市平和特派員。元共同通信社記者。

今週の用語解説

ダラス警官銃撃殺害

6日、ミネソタ州ファルコンハイツで車を運転していたフィランド・キャスティルさんが停車を命じられたのち、警官に撃たれ死亡。その様子を傍らにいた恋人のダイヤモンド・レイノルズさんが動画で撮影しフェイスブックで配信した。これを受けて、全米で警察に対する抗議デモが起こった。7日夜、ダラスでの抗議デモの最中に警官を狙い撃ちした発砲が起こり、銃撃戦となり、警官5人、市民を含む7人が負傷した。立てこもった犯人は警察が送り込んだロボットにより爆殺された。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント