2014/10/31発行 ジャピオン786号掲載記事

ボストンぶらり街めぐり

 米国の歴史は、ピルグリムファーザーズが、メイフラワー号に乗り、現在のマサチューセッツ州プリマスにたどりついたところから始まります。古くからの伝統を受け継ぎつつ、新しく変わっていくボストンの街を四季折々の写真と共に紹介するコーナーです。

第4回 バックベイ

 ボストン近郊の街並みを紹介するコーナー。今回は、前回紹介したサウスエンドの北側にあるバックベイ周辺の、歴史ある建造物や市民の憩いのスポットをいくつか紹介していきます。

 まずは、ニューイングランド地方で最も大きなカトリック教会、聖十字教会(The Cathedral of the Holy Cross)です。

 南北戦争直後の1866年に起工されたこの教会(完成は75年)は、ボストン・マラソン爆弾テロ事件後、異教徒間共同礼拝が催された教会としても有名です。オバマ大統領夫妻やマサチューセッツ州知事のディーバル・パトリック氏が参列する様子を、テレビのニュースで見た人も多いのではないでしょうか。

 荘厳なゴシックリバイバル建築と、教会の壁一面に施されたステンドグラスの美しさは圧巻です。

 米史上初の公立植物園、ボストン・パブリック・ガーデンは観光名所としても人気です。

 先日亡くなった俳優、ジョン•ウイリアムズの出演映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』の名シーンに登場するベンチには、多くのファンがウィリアムズへの追悼の言葉や作品からの名ぜりふを書きつけています。

 ここにはストリートミュージシャンのギターの音色や池のカモを追い掛ける子供たちの笑い声があり、いつ訪れても自然と頬がほころび、幸せな気持ちになる癒やしスポットです。

 最後はボストン・パブリック・ガーデンから西側に延びるコモンウェルス通り。

 道の両脇にそびえ立つ緑豊かな木々と、米国史の重要人物や出来事を表したユニークな彫刻の数々に目を奪われます。

 パリのシャンゼリゼ通りを模したデザインといわれているだけあり、歩いているだけでどこか優雅な気分に浸れます。至る所にベンチがあるので、お気に入りの本と飲み物を持って、読書の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか。
(植田あゆみ)

第4回 バックベイ

荘厳な雰囲気を持つ聖十字教会。壁一面のステンドグラスが美しい。
映画『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』が撮影されたベンチ。
コモンウェルス通りにある、米国建国の父の一人、アレクサンダー•ハミルトンの彫刻。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント