2018/02/02発行 ジャピオン952号掲載記事

ボストン歴史街道

第45回 フレンドシップ号

 ボストンから車で30分、セーラム港に浮かぶ大型の三本マストが特徴の木造帆船。1797年から貿易船として活躍したフレンドシップ号のレプリカだ。

 フレンドシップ号は1812年にその役目を終えるまで中国やジャワ島、北部ヨーロッパなど15回もの長旅を経験した。貿易ではスパイスや紙、砂糖、コーヒーなどを運んだとされている。しかし13年、オークションで売られて以降はどのような最後を迎えたのか分かっていない。

 レプリカが作成されセーラムの港に来たのは1998年。大きさや色使いなどは当時のまま再現された。2016年7月から修理保全のため撤去されており、間もなく港に戻される予定だ。その姿を見るにはドックサイドツアーに参加する他、イベントや乗組員トレーニングでは実際に航海している姿を見られる機会もある。

Friendship of Salem

TEL
978-740-1650
WEB
http://www.nps.gov/sama/learn/historyculture/friendshiphistory.htm
MAP
160 Derby St. Salem, MA 01970
船の中には船長用の執務室が船尾部分にある他、乗組員が休むための部屋も
四角い帆が特徴で、船の前方、後方ともに張られた帆で巧みに風を操った
港を見下ろすセーラムの街並み。貿易の拠点として徐々に発展した

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント