2018/01/01発行 ジャピオン948号掲載記事

ボストン歴史街道

第41回 スリーピーホロー共同墓地

 南北戦争が始まった地として知られるコンコード。スリーピーホロー共同墓地は戦争を祈念するモニュメントスクエア近くに位置し、19世紀から175年の時をかけて少しずつ拡大した。

 今では敷地内に全一万に及ぶ墓があるが、中でも有名なのが19世紀に活躍した作家の墓地が集まったオーサーズ・リッジ(作家の屋根)と呼ばれるエリアだ。

 「若草物語」で知られるルイザ・メイ・オルコット、「ウォルデン 森の生活」で有名なヘンリー・デイビッド・ソローなどが小高い丘の上に眠っている。
もう一カ所の見どころは南北戦争の犠牲者を悼むために作られたメルビン・メモリアル。ミニットマン像やワシントンのリンカーン像を手掛けたフレンチによるデザインだ。

 全国から見学者が訪れ、墓地として初めて国家歴史登録財に指定された。

 現在教会には18世紀当時の味が楽しめるチョコレート店や、植民地時代の印刷技術が学べる施設が併設されており、年間50万人訪れる観光客を楽しませている。

Sleepy Hollow Cemetery

TEL
978-318-3233
WEB
http://www.concordnet.org/317/Sleepy-Hollow
MAP
129 Bedford St. Concord, MA 01742
森に囲まれた墓地内には多くの丘陵があり、様々な種類の墓石を見ることができる
オルコットは家族の墓に囲まれ、肩を寄せ合うように眠っている
メルビン・メモリアルは、南北戦争で3人の兄弟を失ったフレンチの友人の依頼で建てられた

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント