2017/10/13発行 ジャピオン937号掲載記事

ボストン歴史街道

第30回 エマーソンの家

 哲学者、詩人、講演家であるラルフ・ワルド・エマーソンが1882年に亡くなるまで約50年住んだ家が、コンコードに米国国定歴史建造物として保存され、一般に公開されている。

 邸宅は中央の玄関ホールを挟んで、右側の部屋はエマーソンが読書や執筆に勤しんだ書斎、左側は「巡礼室」と呼ばれた客間になっている。

 エマーソンが1835年に住み始めて以来、コンコードはアメリカ超越主義の中心地になり、新たな文学を開花させる場所となった。36年発表の「自然論」などの最終原稿を含む有名な評論は、この邸宅で執筆された。

 72年の火災で2階部分の大半が失われたが、付近の住民や友人らによる尽力により修復が施された。その後、邸宅と所有物の保全を目的とし、1943年にエマーソン記念協会が設立された。

Ralph Waldo Emerson Memorial House

TEL
978-369-2236
WEB
http://www.rwe.org
MAP
28 Cambridge Turnpike Concord, MA 01742
ラルフ・ワルド・エマーソンの家の外観。息子のエドワードもこの家に暮らしていた
エマーソンは「自然論」「自己信頼」などの評論で知られている
エマーソンの家は米国国定歴史建造物として、保存されている

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント