2017/08/18発行 ジャピオン929号掲載記事

ボストン歴史街道

第23回 旧マサチューセッツ州会議事堂

 1713年に建設された「旧マサチューセッツ州会議事堂」は、米国の最も古い公共建造物の一つとして、合衆国国定歴史建造物に指定されている。

 ジョージア様式のこの建物は、当初は商人の取引所として使用され、のちに裁判所やマサチューセッツ邦議会の議場、公衆の傍聴席が設置された。

 1776年7月4日に採択された独立宣言書が、18日、建物の東側にあるバルコニーから、観衆に向けてこの地で初めて読み上げられた。それに合わせて、それまで屋根に設置されていた、英国の紋章に登場するユニコーンとライオンの像が下ろされ、群衆がいる前で燃やされた。

 現在屋根を飾っている2体の像は1882年に設置されたレプリカで、建物の西側の壁中央には、米国を象徴するワシの像が設置されている。

Old State House

MAP
206 Washington St. Boston, MA 02109
旧マサチューセッツ州会議事堂の東側正面には、ボストン虐殺事件の跡地があり、市によるガイドツアーが行われている
建物内のらせん階段。1830年に内装がグリーク・リバイバル様式に改築された
東側にあるバルコニーでトーマス・クラフツが独立宣言を読み上げた

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中2018/09/14発行

巻頭特集
今回は、ヘルスケア&クリニックリストに関連して...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント