2017/07/14発行 ジャピオン924号掲載記事

ボストン歴史街道

第18回 ジョン・アダムズ生家

 マサチューセッツ州クインシー市には、第2代大統領ジョン・アダムズの生家が歴史保存財として残っている。

 この家屋は、1681年に建てられたもので、1720年にジョン・アダムズ・シニア助祭が購入、長男のジョンが35年にここで生まれている。

 手前が2階建てで、奥が平屋になっているため屋根が後方に向けて傾いているのが特徴の「ソルトボックス」という木造家屋。これはニューイングランドの伝統的な建築様式として知られている。

 ジョンの息子の第6代大統領となるクインシーも含め、1927年まで、5世代に渡ってアダムズ家の人々が暮らしたこの一帯は、国立公園局が管轄する「アダムズ国立歴史公園」となっていて、公園内に残る11の邸宅は4月から11月までガイド付きツアーで一般公開している。

John Adams Birthplace

MAP
135 Adams St. Quincy, MA 02169
この家屋の東側の部屋で生まれたというジョン・アダムズは、成人になるまでここで暮らしたという
第6代大統領ジョン・クインシー・アダムズの生家
1731年に建設された「ピースフィールド」にはジョン、アビゲイル夫妻が住んでいた

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント