2017/07/07発行 ジャピオン923号掲載記事

ボストン歴史街道

第17回 USSコンスティテューション号

 ボストン市内のチャールズタウン・ネイビーヤードに係留、展示されている「USSコンスティテューション号」は、実際に航海が可能な現役艦としては世界最古。

 1797年に建造。当時としては大型のフリゲート艦として3本マスト、44門の艦砲を備え、米英戦争(1912〜14年)では、緒戦において、カナダのハリファックス沖で英国のHMSゲリエールとの一騎打ちで勝利し、本土の士気を高めた。強さの秘密は艦船に使用されたジョージア州セントシモンズで切り出されたライブオーク材にあり、その弾力性の高さから、英国軍の砲弾を受けても損傷を負わず、「古い鉄の船腹」と呼ばれた。

 2012年には戦勝200年を記念し、約285人を乗せて約17分間の自力航行を行い、健在ぶりを披露した。

USS Constitution Museum

MAP
Building 22, Charlestown Navy Yard Charlestown, MA 02129
USSコンスティテューション号の建造には、銀細工師であり独立戦争英雄の一人、ポール・リビアが携わっていた
設計者はジョシュア・ハンフリーズが行い、攻撃力や操船性に力を注いだ
見学ツアーでは、米国水兵が艦船内部を案内してくれる

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画