2017/03/17発行 ジャピオン907号掲載記事

ボストン歴史街道

第3回 ボストンコモン

 歴史的名所が多いことが自慢のボストンですが、全米最古の公立公園もあります。1634年に建設された公園、ボストンコモンの敷地面積は約50エーカー。市内で最も広い公園です。

 元々は当地に入植した清教徒(ピューリタン)らが集会や演説を催す広場でした。次第に清教徒以外の市民にも利用されはじめ、いつしかコモン(=公共)として親しまれるように。敷地内には1700年代に作られた墓地や、独立戦争時代の記念碑なども残っています。

 独立戦争の幕開けとなった、レキシントン・コンコードの戦い(1775年)で民間兵と戦ったイギリス軍は、ボストンコモンに駐留しました。ここからレキシントンへと進駐を始めたイギリス軍を見て、ポール・リビアが伝令のための「真夜中の騎行」を行ったのです。

Friends of the Public Garden (管理団体)

TEL
617-723-8144
WEB
http://www.friendsofthepublicgarden.org
ボストンコモンは、高層ビルの立ち並ぶダウンタウンの真ん中にある、都会のオアシス。学生や子供連れ、高齢者までさまざまな人が利用する
公園には設立年を示す看板が建っている。後方に見えるのは、パーク通り教会
公園内にあるガゼボでは、コンサートや市の式典なども催される

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント