第20回 レッドウッド私立図書館

 1747年、ロードアイランド州ニューポートに、ロンドンから買い付けた751冊の蔵書を持つ、レッドウッド私立図書館が開館。一般市民が利用できる米国初の図書館だった。

 発案者は、カリブ海諸国で砂糖のプランテーションを運営し財を成した、エーブラハム・レッドウッド。当時植民地だった米国でも3本の指に入る資本家として、ポートランドで隠居生活を送っていた。

 米国にはそれまでは、ベンジャミン・フランクリンがフィラデルフィアに建てた会員制の図書館しかなかった。レッドウッドはニューポートの教育の発展を願い、45人の賛同者と共に私財を投じ、このレッドウッド図書館を建てた。

 独立戦争時は、戦乱に巻き込まれて蔵書がなくなる事態もあったそうだが、現在まで、ずっと市民に同じ建物の門戸を開放し続けている。