2017/07/14発行 ジャピオン924号掲載記事

松永美代子さん ネイリスト。銀座のネイルサロンでの勤務を経て、昨年11月来米。 〈取材協力〉Nail+ SpaSAKURA www.nailspasakura.com
第10回 ジェルネイルの塗布とオフ

 道具をそろえたら、いよいよジェルネイルに挑戦です。ポリッシュ同様、ベースジェル(1回塗り)、カラージェル(2回)、トップジェル(1回)の順で塗布します。ジェルの量が多いと、ライトに当てた後に気泡ができることがありますので、繰り返していく中で適量の感覚を身につけましょう。

 ジェルネイルは平均して2〜3週間楽しむことができますが、徐々に剥がれてきた時がオフのタイミング。落とす時は、まず粗めのファイル(やすり)を用意し、爪の表面をつやがなくなる程度にこすります。次に爪の大きさにカットしたコットンにアセトンを含ませ、爪の上にのせます。コットンが空気に触れないように、縦横6センチ程度の大きさのアルミホイルでしっかりと巻いたら、そのまま15分程度放置しましょう。

 アルミホイルを取ったら、プッシャーを使って剥がれかけているジェルネイルを落とします。剥がした後も、表面にはガタつきが残っていますので、スポンジバッファーで軽くこすり、残ったジェルをきれいに落としましょう。

 オフする際に強くこすると、爪の表面の層も一緒に剥がしてしまい、トラブルの原因になります。「塗布するのは楽しいけど、オフが面倒くさい」というのは誰もが思うことですが、爪の健康を保ってジェルネイルを楽しむためにも、きちんと順序を守って落としましょう。

ジェルを落とす3ステップ

爪の表面をつやがなくなるまでこすったら、アセトンを染み込ませたコットンを爪にのせ、さらにアルミで巻き、15分ほど置く

アセトンを吸って浮いたジェルネイルの隙間に、プッシャーを差し込み、押し出すようにしてジェルを削り落とす

仕上げにスポンジバッファーで表面を磨いて完了。以上のステップを、優しい力加減で丁寧に行うのが、美しい爪を保つコツだ

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント