2017/06/23発行 ジャピオン921号掲載記事

松永美代子さん ネイリスト。銀座のネイルサロンでの勤務を経て、昨年11月来米。 〈取材協力〉Nail+ SpaSAKURA www.nailspasakura.com
第8回 爪のトラブル

 爪が凸凹になったり、割れて悩む人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、爪のトラブルの原因と対処法をお話しします。

 爪は髪の毛と同じく、ケラチンというたんぱく質からできているため、主な爪のトラブルの原因としては、たんぱく質の不足が考えられます。また、爪に縦や横の線が入ってしまったり、割れやすくなったりする原因には、爪の乾燥や栄養不足も考えられます。

 傷んだ爪を元に戻すのはなかなか難しいですが、ここでも「保湿」を心掛けることで、爪を傷みにくくし、老化の速度を緩やかにすることが可能です。

 オイルでの保湿ももちろん大切ですが、意外な手法が、「爪にベースコートだけを塗る」というものです。爪の表面から水分が抜けていくのを防ぐのです。ちなみにベースコートを塗っていても、爪の呼吸には問題ないので安心してください。

 また、最後に自宅でできる、スペシャルハンドケアをご紹介します。用意するのはハンドクリームと新品のゴム手袋の二つ。両面の手のひら全体に、「これでもか」というくらいベタベタにハンドクリームを塗布し、ゴム手袋をして寝るだけです。

 酷い手荒れを気にする私の友人が、結婚式の直前に1週間このケアを実践したところ、手が見違えるほど美しくなりました。皆さんも試してみてくださいね。

爪のトラブル対処法

代表的な爪のトラブルが、表面に入る縦線。乾燥やたんぱく質の不足が原因として考えられる。表面の凸凹もこれが原因かも

松永さん直伝のスペシャルケアでは、まずハンドクリームをたっぷり塗り込む。大げさなくらい、両面にベタベタと使おう

クリームを塗ったら、手袋で保湿。綿よりも、ゴム製の方が保湿に優れている。はめたまま一晩寝るのを、1週間続けてみよう

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント