2017/06/16発行 ジャピオン920号掲載記事

松永美代子さん ネイリスト。銀座のネイルサロンでの勤務を経て、昨年11月来米。 〈取材協力〉Nail+ SpaSAKURA www.nailspasakura.com
第7回 足の爪の塗り方

 そろそろ夏も本番、ペディキュアが活躍するシーズンがやってきました。今回はペディキュアを楽しむコツをご紹介します。

 足の爪の形はスクエアがおすすめ。足全体をスリムに見せてくれる効果があります。巻き爪の人は、少し長めのスクエアにカットすることを心掛けてください。巻き爪の状態で爪を短く切り過ぎると、爪の両端が皮膚に食い込んだまま伸びて、痛みを伴う危険があります。

 ペディキュアをご自宅でするときのベストな姿勢は「床で体育座り」です。両足を、床にしっかり水平につけて置くのがポイント。爪先を上げてしまうと、カラーが上から下に流れて、キューティクル(根元)についてしまいます。

 また塗布する前に、指と指の間にキッチンペーパーなどを詰め、指同士の間に空間を作ると作業しやすいですよ。効率性を考えて、乾きにくい親指から小指に向かって塗ることをおすすめします。

 爪先は手よりも見えにくい位置にあるため、ペディキュアのカラーは、マニキュアと比べて2トーンほど明るめの色を選ぶと見栄えがよくなります。夏は赤や青の原色カラーが人気です。

 また、同系色のラメ入り、ラメなしの2色を、左足の小指から右足の小指に向かって交互に塗っていくだけでも、単色で仕上げるのとはまた違った、ビビッドなデザインになります。

ペディキュアの三つのコツ

スクエアは、爪先から足にかけて縦長に見せてくれるため、ペディキュアには最適の形。巻き爪の人は少し長めを維持しよう

「派手過ぎるかも」とためらう色も、足にのせるとちょうどよい鮮やかさに。逆に、薄めの色だとぱっと見た印象が弱くなる

指と指の間にキッチンペーパーなどを詰めると塗りやすい。写真のような「トゥー・セパレーター」というグッズもある

NYジャピオン 1分動画