2016/02/19発行 ジャピオン852号掲載記事

幸せ香りライフ

今月のテーマ

恋愛に効く香り
③ハンガリーウオーターの魅力

 いつの時代も、女性にとって美は永遠のテーマ。14世紀のハンガリー王妃、エリザベートにとっても同じだったのでしょう。

 愛する王に先立たれ、持病の痛風が悪化し、手足にまひが出るほどの健康状態だった王妃に、ある日、イタリアの修道院からローズマリーのチンキ(ハーブをアルコールに漬け込んだもの)が献上されました。このチンキことハンガリーウオーターを用いた王妃は、みるみる回復したそうです。さらに70歳を過ぎていたにもかかわらず、どんどん若返って美しくなり、隣国ポーランドの20代の王子から求婚されたと言い伝えられています。そんなエピソードから、ハンガリーウオーターは、別名「若返りの水」と呼ばれています。

 この逸話の真偽のほどは定かではないのですが、それでも美貌と健康、若さを取り戻したという部分には注目したいところです。

現代版のアレンジ

 そんなハンガリーウオーターを、現代版にアレンジして、手に入る精油で簡単に試してみましょう。

【材料】
 ローズマリー精油4滴、レモン精油6滴、オレンジ精油2滴、無臭蒸留酒(ウオツカやホワイトリカー)40ミリリットル、ネロリウオーター(オレンジの花の芳香蒸留水)5ミリリットル、ローズウオーター5ミリリットル

【作り方】
 消毒した瓶に無臭蒸留酒と精油を入れてブレンド。ネロリウオーターとローズウオーターを加えシェークし、2カ月ほど寝かせます。その間、1日に1回は瓶を振るようにします。

【使用方法】
 化粧水代わりになりますし、デオドラントやヘアトニックにもなります。ただし、かんきつ系の精油が、日焼けやシミの原因となる恐れがあるので、使用後に紫外線を浴びない、夜のスキンケアにお使い下さい。

オリジナル化粧水

 ハンガリーウオーターのアンチエージング効果も見逃せませんが、もっと簡単にオリジナル化粧水を作ることもできます。

【材料】
 精製水100ミリリットル、好みの精油4~6滴、グリセリン小さじ1/2~1杯

【作り方】
 消毒した容器にグリセリンと精油を入れてブレンドし、精製水を加えてシェークすれば完成です。

 精油は水には溶けないので、毎回、しっかりと容器を振ってから使ってください。かんきつ系の精油は、使用後、日光に当たるとシミの原因となるのでご注意ください。精油はローズマリーやカモミールなどがおすすめです。オリジナル化粧水で、エリザベート王妃に負けない若さと美しさを手に入れましょう!

桜本リエコさん

LOHASコーディネーター、ARC認定アロマセラピスト。プライベートシェフとしても活動。www.yuruloha.com

今週の精油

ローズマリー (Rosemary)

【学名】Rosmarinus officinalis【科名】シソ科【抽出方法】水蒸気蒸留法【抽出部位】花と葉【産地】モロッコ、チュニジア【ノート】トップ【香りの系統】ハーブ系【香りの強さ】強 【効能】ユーカリに似た爽やかな香り。血液循環を促進し、冷えやリウマチ、神経痛などの症状を緩和する効果も期待できる。ただし、産地により含有成分が大きく異なり、そ作用や効果も異なるため、ケモタイプ(化学成分による分類)を確認して購入すること。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント