2016/01/22発行 ジャピオン848号掲載記事

幸せ香りライフ

今月のテーマ

新年・縁起の良い香り
④キャンドルセラピー

 キャンドルや暖炉の炎が揺らいでいるのを見つめていると、不思議と落ち着きませんか?

 それは「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」と呼ばれる独特のリズムによるものだそうです。人の鼓動やそよ風、星の瞬き、小鳥のさえずりなどに含まれ、自律神経を整え、深いリラックス感を与えてくれるとされます。だから、私たちは炎を見つめると、心地よく感じるのですね。キャンドルの炎をじっと見て心を落ち着かせる、キャンドルセラピーというものもあります!

運気アップアイテム

 深くリラックスすることができると心が静まり、瞑想(めいそう)状態になります。騒がしい日常や自我から心が離れ、クリアな状態になるのです。この状態で夢や希望をイメージすると、余計な雑念がないので、夢がかないやすくなるそうです。というように、炎をともすキャンドルも、運気アップには欠かせないアイテムなのです!

 特別なことをしなくても、キャンドルで精油の香りを拡散させるアロマポットや、香りが既に付いているアロマキャンドルを使えば、簡単に普段の生活に香りと運気を溶け込ませていくことができます。

 運気をアップする香りについては、846号でご紹介したようなベルガモット、真正ラベンダー、アンジェリカルートなどを使うのもよいですし、フランキンセンスも運気アップに一役買ってくれます。恋愛成就を考えるなら、ローズの香りがおすすめですし、金運アップならかんきつ系が良いと言われています。

 ただ、それほどこだわらなくても、良い香りがするだけで、プラスの気が流れて運気がアップしますので、まずはお持ちのアイテムから取り入れて下さい。あまり難しく考えず、日々の生活の中に、楽しみながら香りを溶け込ませるのが「幸せ香りライフ」のポイントです!

アロマキャンドル作り

 お香と同じで、市販のアロマキャンドルの中には、有毒な添加物が入っている物も出回っています。蜜蝋(ビーズワックス)かソイワックスが手に入れば、簡単にオリジナルアロマキャンドルが作れますので、ぜひお試しください。

【材料】
蜜蝋もしくはソイワックス、タコ糸、割り箸、好きなロウソクの型(牛乳パックや空き缶、グラス、製氷機など)、好みの精油
 
【作り方】
❶ キャンドルの型に割り箸でタコ糸を固定させます。
❷ 蜜蝋もしくはソイワックスを湯煎で溶かし、火を止めてから好みの香りの精油を入れ、しっかりと混ぜます。香りの強さも好みで調整してください。
❸ 型に②を注ぎ、しっかりと固まるまで約1日乾かします。

桜本リエコさん

LOHASコーディネーター、ARC認定アロマセラピスト。プライベートシェフとしても活動。www.yuruloha.com

今週の精油

アンジェリカルート (Angelica root)

【学名】Angelica archangelica【科名】セリ科【抽出方法】水蒸気蒸留法【抽出部位】根【産地】フランス、オランダ【ノート】ミドル【香りの系統】ハーブ系【香りの強さ】強 【効能】エンジェルを語源とするアンジェリカは「不安と力の精油」と呼ばれている。不安に苛まれた時や、気分が沈んでいる時に、心を落ち着かせ、力を与えてくれる。光毒性があるので、皮膚に使用した後は日光に当たらないように注意すること。

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント