2015/11/06発行 ジャピオン838号掲載記事

幸せ香りライフ

今月のテーマ

冬の風邪対策
①香りの持つ抗菌効果を知ろう

 はじめまして。LOHASコーディネーターで、アロマセラピストの桜本リエコです。「心身共に健やかなライフスタイル」をテーマに、アロマセラピー、料理、ホリスティックヘルスコーチングなどを通じ、ライフスタイルをアップグレードするお手伝いしています。このコラムを通して、手軽に生活の中で香りを楽しむヒントを紹介させていただきます。

香りを意識しよう

 森林浴の香りにリフレッシュするという人は多いのではないでしょうか。また、おいしそうなカレーの香りに空腹感を覚えたり、反対に不快なにおいを避けて通ったり、そんな経験はありませんか?このように、私たちの体や心aはにおいを嗅ぐことで、何かの反応を起こしているものです。
また、眠くなったら、ミントの香りのガムをかんだり、消臭剤で部屋の悪臭を消したりと、無意識のうちに、すでに「香り」を生活に取り入れています。そんな香りを、少しだけ意識してみませんか?日々の生活がもっと楽しくなりますよ!

香りの殺菌作用

 香りというと「かぐわしくて、リラックス効果がある」というイメージが強いかもしれませんが、この香りに「殺菌消毒作用」があると聞いたら驚きませんか? そうなんです! ここではアロマセラピーで使用する精油(エッセンシャルオイル)に限定してお話ししますが、全ての精油には多かれ少なかれ殺菌消毒作用があります。
精油だけでなく、私たちが日常使うハーブ(芳香植物)にも、殺菌消毒作用の優れたものがあります。中世ヨーロッパでは病人のいる部屋にハーブを敷き詰めたり、医者は病気の感染を避けるため、くちばしの形をした特殊な仮面の中にハーブを詰め込んだりしていたそうです。
このように、香りの力を借りて、これからの風邪の季節、私たちも上手に予防してまいりましょう。

ティーツリーオイル

 最初におすすめしたいのは、ティーツリー(Tea Tree)オイル。オーストラリア原産の木の葉から採れる精油です。
ティーツリーオイルは、一家に1個は常備していただきたいほど、万能でとても使いやすい精油です。香りも爽やかで清涼感があり、部屋をリフレッシュしてくれ、抗菌、消毒、抗真菌作用に加え、私たちの体の免疫力をアップしてくれる性質もあります。免疫力が下がりがちなこれからの季節にピッタリです。
専用の拡散機がなくても、ティッシュに数滴たらして、玄関先やリビング、枕元に置いておくだけで、香りが広がり、空気がリフレッシュします!

桜本リエコさん

LOHASコーディネーター、ARC認定アロマセラピスト。プライベートシェフとしても活動。www.yuruloha.com

今週の精油

ティーツリー (Tea Tree)

【学名】Melaleucaalternifolia【科名】フトモモ科【抽出方法】水蒸気蒸留法【抽出部位】葉【産地】オーストラリア【ノート】トップ~ミドル【香りの系統】樹木系【香りの強さ】強 【効能】免疫賦活(免疫強化)、抗菌、抗微生物、抗真菌、抗ウィルス、抗炎症、鎮痛、去痰、など 【ワンポイント】オーストラリアの先住民アボリジニーが葉を煎じて飲んでいたのを見た入植者が、「お茶の木」と名付けたとされる

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント