2019/01/25発行 ジャピオン1003号掲載記事

〈最終回〉 抜け感のあるアレンジたち

ゴムやピンを使って長い髪をまとめるときも、事前に髪を巻いておくのがポイントです。ポニーテールなら、髪の根元を全体的に巻いておきましょう。ゴムで髪を結んだ後、鏡を見ながら根元の毛束を少しずつ指で引っ張り出し、ふんわりとさせます。これだけで、軽やかで抜け感のある、ナチュラルなポニーテールに仕上がるんですよ。

髪の長い人は、ゆるいお団子でアップにすると、ちょっとしたパーティーなどでも華やぐのでオススメです。作り方は、まず髪を後ろで1本の三つ編みに。先端をゴムで留めたら、毛束を少し引っ張り出し、根元に向かって丸めてピンで留める。これだけです。

髪の量が多い人は、髪を左右でざっくり分けて、三つ編みを2本作ります。このとき、髪の分け目は真っすぐではなく、ちょっと斜めにしたり、ジグザグにしたりして動きをつけてみてください。編み終わった2本の三つ編みは左右に交差させ、ひねって1本にしてからまとめてます。

さらに、ポニーテールやお団子を作った時、顔の横の後れ毛をちょっと巻いてみると、あか抜けますよ! 鏡を見ながら、ぜひいろいろ試してみてください。

今号で「NY『美髪講座』」は最終回です。
ご愛読ありがとうございました!

1000-hair-miki-Komatsu

1月の担当
ヘアスタイリスト
小松美紀さん
東京都出身。日本での活動を経て来米。現在、徳山サロン(230 E. 83rd St./http://tokuyamasalon.com/upper-east-side)に勤務。休日は猫と遊び、ジムで筋トレに勤しむ。

引っ張り出して魅力UP
三つ編みを作ったら、編み込んだ部分の毛束をちょっと引っ張り出す。これだけで、軽やかであか抜けた印象に
編み込んだ髪を一つにまとめたのがこちら。日常生活にもパーティーシーンにも使える! その他のアレンジは、小松さんのインスタグラム(@mikihair11o1)をチェック

NYジャピオン 1分動画