2018/10/26発行 ジャピオン990号掲載記事

〈第8回〉 髪質別トラブルシューティング

ニューヨークは日本に比べ湿気が少なく、スタイリングしやすいのがいいですよね。ただしこれからの季節には乾燥に注意です! ダメージやうねりにつながり、見た目も美しくありません。お風呂上がりに自然乾燥で済ませるのはそれは厳禁。ドライヤーでしっかりと乾かし、キューティクルを閉じることで、髪の潤いが保たれます。

ヘアオイルやシアバターも活用したいところ。美容院で購入するのがベストですが、オリーブオイルかベビーオイルでも代用可能です。これらは髪のボリュームを抑えたいときにもおすすめなので、ぜひ活用してください。逆にボリュームが出ずに悩んでいる人は、ドラッグストアで購入できるボリュームパウダーを。スタイリング時に吹きかけると、根元が立ち上がりやすくなります。

よく聞くお悩みとして、「産後の抜け毛で生え際の薄さが気になる」というものがありますが、そういう時には薄さをカバーする前髪カットを提案します。カット後は大きめのハドルブラシで頭皮をブラッシングすると、血行が促進され、育毛につながりますよ。またシャンプー前のブラッシングも、頭皮の汚れが浮きやすくなるので洗浄効果が高まります。

 11月は「トリートメント」をテーマに解説します。

987_hair_Takashi_Yamagishi
10月の担当
ヘアカラーリスト
山岸貴史さん
栃木県出身。日本の「ガーデン」を経て、2014年に来米。日本店舗とニューヨーク店(323 W. 11th St./www.garden-nyc.com)を行き来している。休日は公園でのんびり過ごす。

自宅ケアでさらに美しさアップ
ブラッシングは頭皮の血行を促進することで、理想的なヘアスタイルを実現する、美しい髪づくりの基本
髪の毛のボリュームが気になる人は、重めの前髪を作るのもアリ!

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

特集
夏だけ入島できる特別なリゾートとして、ニューヨ...

   
Back Issue 2019
Back Issue 2018
利用規約に同意します