2017/03/17発行 ジャピオン907号掲載記事

今月の先生

Tiba Vieira(チーバ・ビエラ)さん
カポエイラ指導者
(Professor, Capoeira Luanda)

Alvin Ailey Dance Foundation主催の「Ailey Extension」と、Tisch School of the Artsのカポエイラ・インストラクター。ブラジルで幼少からカポエイラを学ぶ。1997年来米、大学でマルチメディア・デジタルアートを専攻。ニューヨーク市公立校のアフタースクールでもカポエイラを指導。 Ailey Extension

TEL
212-405-9000
MAIL
gooljitzu@gmail.com
WEB
http://www.aileyextension.com
MAP
405 W. 55th St. (NW corner of 9th Ave.)
逆立ち空中脚交差

両手両足を床につけて、写真のように体で逆V字を作る。カポエイラはブレークダンスの元祖といわれるように、アクロバットな動きも多いが、このエクササイズは逆立ちができない人でもトライできるレベルのもの。初心者は無理のない程度に、壁を背にして挑戦してみよう。

上の写真の体勢から、まずは左足を上げる。両膝は伸ばし、リラックスさせる。次に、右足で床を軽く蹴って両足を宙に浮かせる。上級者は逆立ちの状態で、両足をしばらくそろえてもいいが、初心者は足を真上ではなく、途中まで上げるだけでよい。肝心なのは、一連の動きを自らコントロールして行うこと。

空中で左右の足をスイッチし、最初に上げた左足で着地。これを何度か交互に繰り返す。両足を上げながら両手でバランスを取るコツは、床につけた手の指先に力を入れること。足を上げた状態で倒れそうになったら、指先で支えて我慢する。この動きも、コアを締めないとできない全身運動だ。

カポエイラ・プッシュアップ

両足を開き、側転の準備体勢に入る。まずは左に向かって、左手、右手の順番で床につける。目線は床ではなく、対戦相手を見るつもりで、前方に向ける。

両手と、軸となる左足を床につけ、右足を真っすぐ宙に上げる。最初は両腕を伸ばしたままで、全身を支えよう。初心者はしばらくそのままでいるだけでも十分。できる人は、頭を床につけてプッシュアップ(倒立腕立て)。コアを締めることで、なるべく体重を上に持ち上げ、腕にかかる負担を軽減させる。

前のポーズの状態で2、3回プッシュアップできたら、一度足を下ろし、両足を開いて踏ん張った体勢に戻る。続いて、逆サイドに向かって右手、左手の順で床につけ、右足を軸に、左足を上げてプッシュアップ。

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント