2016/11/11発行 ジャピオン890号掲載記事

今月の先生

森山尚子さん
ジャイロトニック&ジャイロキネシス・
スペシャライズド•マスタートレーナー

GYROTONIC®on Broadwayオーナー兼マスタートレーナー。2011年、ニューヨークにスタジオ設立。日本、ニューヨーク、シンガポールなどで、指導者を養成。 928 Broadway, #205 (bet. 21st & 22nd Sts.)

*GYROTONIC and GYROKINESIS are registered trademarks of Gyrotonic Sales Corp and are used with their permission.

TEL
212-473-2703
WEB
http://www.gyrotoniconbroadway.com
スパイラルモーション(ジャイロトニック)

ホームポジション。脚を肩幅くらいに開き、ジャイロトニック専用のタワーの棒に両腕を軽くかけ、背骨全体を上に引き上げる意識で座り、次に続く動きの準備をする。肩の力は抜いて鎖骨を両側に開く。背骨の中心をずらさずに、上半身を左右に、らせんを描いて上昇することを意識する。

息を「ホー」と吐きながら、棒で腕と背骨をサポートしながら体を回す。坐骨はしっかりとイスに乗せてずらさず、回す方向と反対の膝が内側に回転しないように、下半身はリラックスしながらも安定させる。息を吸いながらホームポジションに戻る。目線は遠くへ。

同様に息を吐きながら逆の方向に回す。人によっては、肩だけで上半身を回転させようとする人がいるが、そうではなく、坐骨はしっかりイスに固定・安定させた状態で、仙骨から動かすこと。上半身でらせんを描いて上昇する意識で。視線は、体の動きによって自然に。

スパイラルモーション(ジャイロキネシス)

イスに座って行うときのホームジポジション。脚を肩幅より少し広め右手をヘソのあたりに置き、左手は脚が動かないように内腿に当てる。背骨全体を上に引き上げる意識で座り、次に続く動きの準備をする。背骨の中心をずらさず、上半身を左右にらせんを描いて上昇することを意識する。

息を「ホー」と吐きながら、坐骨は固定・安定させた状態で、腹部に当てた右手を外側にスライドするようにして、骨盤と一緒にスライドする感覚で。写真でも分かるように、左手で左足の内腿をサポートし、膝や脚全体が内側に回転しないように注意する。

自然に息を吸いながらホームポジションに戻り、今度は両手の位置を入れ替える。右手を右脚の内腿に当て、左手をヘソのあたりからスライドさせる。息を「ホー」と吐きながら、逆サイドに同じ動きを繰り返す。バランスを保ちながら、自分の限界だと思うぎりぎりまで頑張って持っていく。両サイド最低8回。

ジャイロトニック&ジャイロキネシス・デモンストレーション: 福沢里絵さん

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント