2018/07/20発行 ジャピオン976号掲載記事

第47回 メーキャップアーティスト・Kaoriさんのメーク

「美」をテーマに仕事をする人たちは、普段のメークでどんなこだわりを持っているのだろうか? メークのポイントと愛用の化粧品をジャピオンが探る!

 最近はソーシャルメディアで新しいメークグッズを探すことが多いですね。

 「グロッシアー」のアイブロージェルも、インスタグラムで見つけて「よさそうだな」と購入したもの。

 このジェルはポマードのような質感で、眉マスカラより太く濃く、眉をディファインしてくれます。それでいてナチュラルな仕上がりになるので、すごくお気に入り。また眉毛が上向きになるので、目元の印象をより引き立たせることができます。

 メークは眉毛で決まるので、私はペンシル、シャドー、アイブロージェルの3点を使って、眉毛を描きます。キレイに描けなくて悩んでいる人は、「眉毛の上をそり過ぎない」ように気を付けてみてください。眉毛をそり過ぎると、顔のバランスを崩してしまうので、あまりおすすめしません。なるべく自分のもともとの眉毛の向きや形を生かすようにして、そるのではなく「少し足す」イメージで描くとうまくいくかもしれません。

 どこのブランドを使っているか聞かれることが多いシャドーは「M・A・C」のもの。自分の好きな色をカスタマイズできるので、私はチャコールブラウンとブロンズの2色使い。目元や眉毛に使っています。  

今週はこの人!

Kaori Yamamotoさん

メーキャップアーティスト。現在フリーとして雑誌などで活動。岡山県出身。これまで手掛けた作品はホームページを参照。www.kaorimakeup.com

アイブロージェル

眉毛のディファイン効果あり。ポマードをつけたような仕上がりに(Boy Brow/Glossier)

リップペン

落ちにくく、ツヤも出るのでグロス効果も。チークとしても使える(Lip Pen Bourbon/Lovecraft Beauty)

アイブローペンシル

眉毛のサロンが始めたことで知られるブランド。ラインをコントロールしやすい(BrowWiz/Anastasia Beverly Hills)

アイシャドー

チャコールを目のきわに伸ばした後、ブロンズをアイホールに向かって広げる(Eye Shadow/M.A.C)

アイライナー

調整しやすいジェルタイプ。まつ毛の隙間を埋めるように、ブラシを使ってオン(Fluidline Eye Liner Gel/M.A.C)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
「ニューヨークの家賃は学区で決まる」。そうささ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント