2018/06/01発行 ジャピオン969号掲載記事

第41回 ヘア&メークアーティスト、一枝さんのメーク

「美」をテーマに仕事をする人たちは、普段のメークでどんなこだわりを持っているのだろうか? メークのポイントと愛用の化粧品をジャピオンが探る!

 仕事柄、服装が黒か白と決まっているので、普段のメークはそれに合わせて、ナチュラルテイストになるようにしています。ただ、オフの日はその反動で、ピンクなどの派手な服を着ることも多く、その時はアイシャドーも明るめのパープルやブルーなどにして、変化をつけています。

 私は、「眉のメークが決まらないと、1日が決まらない!」と考えているので、アイブローは日本製のものでしっかり描きます。今使っているものは、ペンシルと、筆のリキッドタイプが両方ついていて、先にペンシルタイプで描き、上からリキッドでシャープに仕上げるのが好き。日系スーパーで気軽に買えるところも便利ですね。

 お気に入りは、「エスティーローダー」の美容液。かれこれ20年くらい使っています。化粧水の後につけるとしっとりとなじんで、次の日も肌の調子がいいんです。今使っているポーチも、この美容液を買った際にもらったものなんですよ。

 出掛ける前の夜はパックを必ずします。たかがパック、されどパック!個人的には、高いお金を出してフェーシャルエステに行くよりも、自分でパックをするほうが、翌日に必ず効果が出ると思います!

今週はこの人!

蛭田一枝さん

ヘア&メーキャップアーティスト。1990年渡米。現在「L Max Salon Spa」(火曜〜金曜日)、「Minako Hasegawa Hair Salon」(土曜、日曜日)で勤務中。(www.minakosalon.com

美容液

アンチエイジングに欠かせない美容液は、愛用して20年。値段は多少張るが、効果はお墨付き(Advanced Night Repair/Estee Lauder)

コンシーラー

シミやくすみは、これ1本でカバー。ブラシタイプは、ピンポイントでつけやすい(ColorStay Concealer/Revlon)

アイブロー

ペンシルとリキッドの両タイプを使うとシャープに描ける(Browlash EX/StylingLife Holdings)

ファンデーション

アンチエイジング用のファンデ。クリームタイプでしっとり肌になじむ(Simply Ageless / Covergirl+Olay)

パック

大事な日の前夜に使う。パックした状態でマッサージをするのもオススメ(超浸透3Dマスク/クラシエホームプロダクツ)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント