2018/01/19発行 ジャピオン950号掲載記事

第23回 メーキャップアーティスト・Ayanaさんのメーク

「美」をテーマに仕事をする人たちは、普段のメークでどんなこだわりを持っているのだろうか? メークのポイントと愛用の化粧品をジャピオンが探る!

 仕事か特別なお出掛けの時にはメークをしますが、実は普段は、ほぼすっぴん。生まれつき肌荒れしにくい体質で、ベースメークには日焼け止めだけ塗って、ファンデーションは付けません。そのおかげか、メーク時間も短いです。

 ポイントは、この真っ赤な口紅。私と言えばこれだ、と人に覚えてもらえる印象づくりを意識しています。モデルさんにも必ず聞かれるメーカーですが、実は「セフォラ」のオリジナルシリーズです。

 メーク直しはこの口紅だけで、他のパーツは一度塗ったメークを長持ちさせるようにしています。例えばまつ毛にはベースマスカラを使うことで、パンダ目になりづらい、ボリュームある印象的な目元を作ります。女優さんのアイメークがヨレないように、映像の仕事でも使いますよ。

 また黒のマスカラを使った時の「いかにも化粧しました」という強過ぎる印象を避けるため、ブラウンを使うのもこだわりです。

 グリッターは使うことに抵抗がある人もいるかもしれませんが、アイシャドーの下に敷くと、ギラギラしすぎず、程よく華やかになります。シャドーはやさしくソフトな印象を持たせる、ピンクブラウンが好きですね。

今週はこの人!

Ayana Awataさん

メーキャップアーティスト。東京都出身。フリーランスとして日本で活動後、昨年7月に来米。「ELLE China」などのファッション雑誌やルックブックなどを手掛ける(www.ayanaawata.com

口紅

程よくマットで色落ちしないすぐれもの。昼食後に1回塗り直す程度でOK(CreamLipStain Liquid Lipstick, Always Red/Sephora)

ビューラー

さまざまな骨格に対応し、きれいなカールを作るのでオススメ(EyelashCurler/Kevyn Aucoin Beauty)

ベースマスカラ

人によっては、下地を使うとヨレやすくなることもあるので注意(ラッシュマキシマイザー/ケイト)

マスカラ

数回重ね塗りして目力アップ(VOLUM’ EXPRESS THE MAGNUM MAS- CARA/Maybelline)

グリッター

色は身に着けるシルバーアクセサリーに合わせた。ゴールドも使い勝手がいい

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
バッグス・バニーやトムとジェリー、そしてディズ...

   
Back Issue 9/14/2018~
Back Issue ~9/7/2018
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント