2017/12/01発行 ジャピオン944号掲載記事

第17回 アーティスト・Shokoさんのこだわりメーク

「美」をテーマに仕事をする人たちは、普段のメークでどんなこだわりを持っているのだろうか? メークのポイントと愛用の化粧品をジャピオンが探る!

 日常生活で街中を歩いている時間も、私の自己表現の一部。緑やゴールドなど奇抜な色や質感の口紅やアイシャドーを付けたりして、メークを楽しんでいます。

 口紅は10色ほど、アイシャドーは100色以上持っていて、その日の気分で選びます。今日は寒い季節を盛り上げる、赤い口紅を選んでみました。

 敏感肌なので、自然派ブランド「ベアミネラル」を愛用。実は基礎化粧品はほとんど使わず、ベースメークも素肌にこのままファンデーションをはたくだけ。顔を洗った後も特にお手入れはなしです。強いて言うなら、コリアタウンにあるサウナで、デトックスをするよう心掛けています。

 化粧品は、ポーチというよりは鞄に入れています。フリーランスなので仕事先に固定の化粧台がなく、普段は大量のメーク道具をスーツケースサイズの鞄で持ち歩くんです。

 その化粧鞄に必ず入れているのが、日本のティッシュブランド「鼻セレブ」のポケットティッシュ。アメリカのティッシュは硬くて、化粧直しなどの時に肌に触れると、すぐ反応してしまいます。おすすめメーク道具の中に入れたいくらい、必須のメークアイテムですよ!

今週はこの人!

Shoko Tamaiさん

アーティスト、ディレクター、振付師。2008年来米。代表を務めるダンスカンパニーの初公演、「Ninja Ballet」は8日(金)~10日(日)にマンハッタンで開催(www.shokotam ai.biz

化粧筆

京都で購入。柔らかい馬の毛で職人が手作りしている。敏感肌の人には特におすすめ(白鳳堂)

口紅

9年以上愛用。発色の良さがお気に入り(Luxe Lip Color, Parisian Red/Bobbie Brown)

チーク

アジア人の肌の色に合う、暗めのピンクをチョイス(All-in-OneCheek Colour Shader/The Body Shop)

ファンデーション

敏感肌の強い味方。しっかり表面をカバーして、なめらかな肌を実現(Mineral Veil/Baremineral)

アイライナー

ウオータープルーフだが、石けんでスルリと落ちる優れもの(インパクトアイライナー/ラブドロップス)

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント