2017/09/01発行 ジャピオン931号掲載記事

第5回 デザイナー・アヤさんのこだわりメーク

「美」をテーマに仕事をする人たちは、普段のメークでどんなこだわりを持っているのだろうか? メークのポイントと愛用の化粧品をジャピオンが探る!

 化粧品はほとんど「シャネル」でそろえています。以前は「M・A・C」がお気に入りでしたが、シャネルのものはメークが崩れにくく、使い勝手が良いことに気付き、それ以来3年ほど愛用しています。

 メークは特に、目元がポイント。アイラインをきっちり引く代わりにアイシャドーを使わず、濃くなり過ぎないようにしています。化粧直しも、くすんだアイラインを引き直す程度で、ベースは特に直しません。「シャネル」のファンデーションのカバー力が、とにかくすごいです!

 リップはマット系を中心に6色ほど持っていて、その日の気分で使い分けます。茶色や赤、ベージュなどの濃い色が好きです。今日のグロスタイプは数年ぶりにつけました。

 米国のスキンケア用品は、なんとなく自分の肌には刺激が強過ぎる気がするので、洗顔後は日本製の、化粧水と乳液が合わさったクリームを付けています。

 以前はフロリダに住んでいたのですが、ニューヨークに来てから、何故か肌の調子がとても良くなり、お手入れにはほとんど手間を掛けなくなりました。特別なことは何もしていませんが、食生活は野菜中心になるよう心掛けています。

今週はこの人!

タカノアヤさん

衣類、ジュエリーのカスタムデザイナー。2009年からニューヨーク在住。12年にスワロフスキーを使った、カスタムメードのブランド「Doll Domination」を設立。(www.insta gram.com/ddnycbyayatakan

ファンデーション①

少量でもすっと伸びて肌になじむので、1瓶で半年は使える(LIFTLUMIÈRE/CHANEL)

ファンデーション②

その日の気温や肌の調子に合わせて、パウダータイプも使用(LETEINT ULTRA TENUE/CHANEL)

パウダー

仕上げには、きめ細やかに光るゴールドパウダーを愛用(PLISSÉ LUMIÈRE DE CHANEL/CHANEL)

アイライナー

パンダ目になりにくい、ウオータープルーフ仕様(インパクトリキッドアイライナー スーパーWP/ヒロインメイク)

マスカラ

まつ毛の上は付けまつ毛、下はマスカラでボリューミーに(LE VOLUME DE CHANEL/CHANEL)

バックナンバー

NYジャピオン 1分動画


ただいま配布中発行

巻頭特集
人気が過熱するブルックリン区ウィリアムズバーグ...

   
Back Issue ~9/7/2018
Back Issue 9/14/2018~
利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント