2017/08/11発行 ジャピオン928号掲載記事

第2回 女優・栄子さんのこだわりメーク

「美」をテーマに仕事をする人たちは、普段のメークでどんなこだわりを持っているのだろうか? メークのポイントと愛用の化粧品をジャピオンが探る!

 メークは基本的に自然体を意識して、濃く塗り過ぎないようにしています。何も用事がないときは、アイラインも引きません。ポーチも重くなってかさばるのが嫌なので、化粧直しはファンデーションと口紅をさっと塗り直す程度ですね。

 またお手入れに関しては、顔のパーツによって乾燥しやすい場所と脂が多い場所があるので、脂分の多い乳液クリームはあまり使いません。

 化粧品は「ローラ・メルシエ」の商品にすっかりはまってしまい、もう7、8年愛用し続けています。肌なじみがよく、すっと肌に浸透していくつけ心地がポイント。あとはコスメストア「セフォラ」の自社ブランドもよく使います。

 アイシャドーの色味はピンクが好きですが、夏のビーチシーンには青や緑を薄くのせるのもいいですよね。アイシャドーを乗せる前には、アイシャドーベースを使うと、持ちが断然よくなるのでおすすめです。

 また目元に隈ができやすい体質なので、朝起きたらメーキャップアーティストの方に教えてもらったマッサージを、欠かさずやっています。目の下の頬骨の辺りを、ぐりぐり痛いくらいに押し上げるだけ。血色がよくなる気がします。

今週はこの人!

川島栄子さん

女優、ムーブメントパフォーマー。文学座、テアトル・エコー研究生を経て来米。HBスタジオで学んだ後、舞台「モロー博士の島」「サロメ」などに出演。
www.eiko-kawashima.com

ファンデーション①

ひと塗りですっと広がる、透明感がポイント(Candleglow Soft Luminous Foundation/laur mercier)

ファンデーション②

化粧直しにはパウダータイプを愛用。きめ細かく仕上がる(SmoothFinish Foundation Powder/laura mercier)

アイシャドー

暖色カラーで優しく、ナチュラルな目元を演出(Baked Eye Colour Cuad/laura mercier)

アイシャドーベース

色を乗せる前に塗っておくと、シャドー本来の発色になる(EyeBasics/laura mercier)

リップスティック

唇の血色をよく見せる自然な仕上がりを実現(SugarRoseTintedLip Treatment/fresh)

NYジャピオン 1分動画


利用規約に同意します
おすすめの今週末のイベント